コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

ティファニーで朝食を(1961/米)************

★2十数年ぶりに鑑賞して評価上げる。超駄作だと思ってたけど、普通の駄作だった。 [review] (ペペロンチーノ)[投票]
★1オードリー・ヘップバーンは好きなのですが、この作品はちょっと...私には良さが分かりませんでした。何が描きたいのか良く掴めないし、意味の無いシーンが多すぎるような気がする。 (kawa)[投票]
★3心理描写から考えたら共感できない出鱈目な映画だけど、公園、ビルの谷間、猫に至るまで見せ方である種シンボルとして機能している映画かなあ。 [review] (----)[投票]
★1題材と主役のミスマッチは、制作者にとって死刑に等しい。完璧なのは猫の演技だけ。 (ジェリー)[投票]
★3可愛いオードリーを撮りたかっただけの制作者が強引にストーリー作って結局どっちも中途半端になってしまった感じ。 (ドド)[投票(2)]
★4何故かアメリカ国内以外での方が出演が多いヘップバーン。そんな彼女がNYにこんなに合うとは思いもしませんでした。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4あのラストがたまらなく好きです。 [review] (chokobo)[投票]
★3高級娼婦と本気で恋するというのは男子の本懐なんだよ。なあ、ハンニバル。 (黒魔羅)[投票(1)]
★5オードリーが大好きなのでそれだけで大満足。得にこの映画では彼女の魅力が大爆発。甘味ある音楽とゴージャスな容姿、そしてスマートなストーリー。まさに名画ですよ。僕はワインを飲みながらこの映画によく溺れています。 (かっきー)[投票(1)]
★2生涯おもしろい映画を撮れないエドワーズ。彼をフォローしてくれるのは、いつもマンシーニ。豚に真珠。 (cinecine団)[投票(3)]
★3当時はヘプバーンの魅力で、ストーリーの中身ってあまり考えなかったような気がする。雨の中の美しい光景とかが残像にあるが、高級娼婦の話だなんて考えてもいなかった。それぐらいオーラがあったということだ。今の女優でそんなのいるかい? (セント)[投票(1)]
★4やはりオードリーは魅力的だ。あのハイ・トーン・ヴォイスも心地よく響く。これは彼女のためだけに作られた作品ですね。 [review] (RED DANCER)[投票(2)]
★3猫の仮面とか毛糸球を入れるボールとか非常階段とか、ディテールがすごくお洒落。素敵な生活のお手本だな。 (りかちゅ)[投票(4)]
★4都会に生きる男女の、自由とウラハラの孤独。この普遍的なテーマは色褪せていない。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★3鶏ガラのように痩せつつも妖精(オードリー)は妖精。臨場感のない造りは時代性。猫が凄い。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★4パン助と年増女のヒモとの刹那な恋という地平から数億光年隔たった場所で確信的にエドワーズは振舞ってみせる。哀感を抑制し乾いたユーモアで色付けされたしたたかにして見事な職人技。そこに感銘を覚える佳作。 (けにろん)[投票(1)]
★5「ムーン・リバー」がとってもよかった、アカデミー賞で主題歌賞取る訳だ、オードリーの代表作ということも納得。 (わっこ)[投票]