コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

欲望(1966/英)************

★5写真というメディアをどう解釈するかというような事を映画の中で表現出来ている。 [review] (----)[投票(1)]
★4抽象的にしてクール。パンフォーカス撮影によるぴしっとした視界の下で生起する不明瞭この上ない事象群。主人公も我々も決して真相を掴むことが出来ない。このアイロニーが本作のテーマであるが、説話の進行に一部の隙もなく、緊張感が全編に漲っている。 (ジェリー)[投票]
★4何だか分らないけれど、ハンコックの音楽と、テニスのパントマイムが気に入った。 (丹下左膳)[投票]
★3ぼくの理解を超えてはいるものの、バネッサ・レッドグレイブの登場で退屈はしない。 (黒魔羅)[投票]
★5趣味に対して誰にも文句は言われたくない。でもそれは他人に迷惑を掛けない人が言う台詞。目を疑う衝撃的な出来事に追い討ちを掛けるミステリーは中々の見所。どんどん引き込む要素は、市原悦子出演の「家政婦は見た!」と、匹敵する面白さがあった。 (かっきー)[投票]
★5木々のざわめき。 [review] (ぐるぐる)[投票(3)]
★5導入から謎の連続で凄く気に入った。レッドグレーブも若く美しく最高。人生って不可思議と形とポーズの毎日。さらりと言ってのけちゃった意味深映画。芸術映画風を愛するファンにはこたえられない作品でした。 (セント)[投票]
★4写真の片隅に何かが写っているというモチーフがサスペンスの常套から逸脱し不条理に浸食され始める。深遠な何かを呈示しているとも思えぬが、それが夢か現かの白日の陽光と非現実的な美しいカラーのもとで起こる語り口の冴え。 (けにろん)[投票(1)]