コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

恋する惑星(1994/香港)************

★4制作から24年後の今再鑑賞しても世界一可愛い恋物語。そして何を何度観てもウォン・カーウァイは映画が下手。 [review] (ペペロンチーノ)[投票]
★4トニーとフェイの変人同士の恋、最高。 [review] (tomcot)[投票]
★1すっきりとした映画が好きなので。 (ジェリー)[投票]
★4王家衛、快調です。 (丹下左膳)[投票]
★4ブエノスアイレスよりこっちだろう。 (chokobo)[投票]
★3小手先の映像テクニックばかりでたいしたことがなく、それでいてカッコよく見せようという意図が読み取れるので、非常に鼻につく。 (太陽と戦慄)[投票]
★4棘の道を歩み行くような恋物語、傷つくことに意味があるような歪な世界。映像の美しさを盛り上げるミュージック、得に狂言廻し的な主題歌は聞き応えあり。適切に表現し難いが、病める感情を覚えずにはいられない作品。 (かっきー)[投票]
★4ノワールチックに描こうとした前半ははっきりいっていまいち。しかし後半の可愛さときたら、もうとびっきりのものだ。冷静に考えればやってることはストーカーだし肯定できるはずもないのに、フェイ・ウォンの瑞々しい輝きが全てを正当化してしまう。 [review] (赤い戦車)[投票(1)]
★3最近嫌いな物が増えました。年のせいかも知れませんが、2番目の話に出てくる女の子が好きになれなくて、その子のする行動が見ていられなかった。 [review] (トシ)[投票]
★3フェイ・ウォンが良かった。ストーリーは散文的なんだけど、見終わってみると上手く調和がとれてるような。 (ADRENALINE of Adrenaline Queen)[投票]
★2フェイ・ウォンと彼女の歌は素晴らしい。だがウォン・カーウァイが驚異的なダメっぷりをみせつけた。切腹しろ! (ペンクロフ)[投票]
★4おねえちゃん、それじゃストーカーだよ・・・。 (ゆっち)[投票]
★5あれだけ今までとまったく違うスピード感のある映像を見せられて驚かない映画ファンはいないだろう。衝撃的でした。 (セント)[投票(1)]
★40.1ミリだの0.2ミリだの、避妊具なみの薄さだねえ。あ、近さか。 (ボヤッキイ)[投票(2)]
★3見事なまでに雰囲気だけの映画。こういうのは鮮度が肝心。時が経ってから観ると、ちょっと恥ずかしい。 (緑雨)[投票(1)]
★4これはアジア人だからぼくらにとっていいのだ。王家衛は格好良く撮ることに命を懸けている生粋の映画人だね。闖入娘はぼく的には西田尚美。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★5ミニマム世界のモノマニアックな語り口が村上春樹的であり、それを映像に定着させる技巧に於いてカーウァイは世界の先端にいたわけだが、一方でダサキュートさが遊びを生みタイト感を緩衝。先鋭的ショットの連続があざとさを感じさせる隙も与えない。 (けにろん)[投票(1)]
★5何年たっても興奮が冷めない。見終わってすぐ、「もう1回見たい」って叫んでしまう。大切な恋人みたいな映画。 (mal)[投票(1)]