コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

アンブレイカブル(2000/米)************

★5巧妙に張り巡らされた伏線に、流れるような美しいカメラワーク。そのテクニックはヒッチコックをも凌駕する。ブルース・ウィリスは完全にアクション・スターを脱却した! (茅ヶ崎まゆ子)[投票]
★3なーにやってんだか(^^; [review] (t3b)[投票]
★1まったくひどい映画。 [review] (白いドア)[投票]
★1冒頭数分間の列車内シーンのキャメラの動きの素晴らしさに震えつつ、「じれてはならぬ、じれてはならぬ」と自らを戒めて見とおした。ビハインド・ザ・ビートを志向しながら1拍程度も遅れているリズム感の悪さに苦笑。豊穣の予感のみ満ち溢れた映画だった。 (ジェリー)[投票(1)]
★4馬鹿話を過剰な緊張感と格調高い画面で大真面目に語る、というシャマランの方法論が誰の目にも明らかになった作だが、わざわざエドゥアルド・セラまで招いてくるのだからその「格調高い画面」へのこだわりは並ではない。「列車」「階段」「自動車」「駅」等の装置活用はヒッチコックの子供たる自覚の表明だろう。 [review] (3819695)[投票(6)]
★4趣味というのは割に合わないものだ。時間と金を際限なく遣い、結果的に残ったものはほんの僅か…だけど、精神的な充足感は他に較べられない…ここのイライジャ(ジャクソン)の性格って、(一部問題あるけど)好きだなあ。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4またやってくれたな!シャマラン [review] (chokobo)[投票(3)]
★3スペランカーみたいな人っているんだね。 (黒魔羅)[投票(4)]
★2コミックよりつまらないストーリー。ブルース・ウィルスも最近スランプだと思う。 (ミスターM)[投票]
★3ホリプロスカウトキャラバンを映画化したのかと思うぐらいの出来に感動し、国民的美少女ならぬ国民的健康優良児に俺も選ばれたいと思わせてくれた。だが「その際は出来れば鳥山明の画風で」を想起させるアメコミの画風の単調さに辟易。 [review] (ジャイアント白田)[投票(1)]
★4シックス・センスのゴールデンコンビの作品だもん、見たくなりますよ。 (かっきー)[投票]
★4なんともふざけた落ちだけど、途中までの見せ方はうまいと思う。 (赤い戦車)[投票]
★3暗い。ブルース・ウィリスが一度も笑わない。そして、「あんた今まで気付かなかったんかい」と聞きたい。 [review] (アメリ・プーラン)[投票]
★2なにかで読みましたが、『シックス・センス』の撮影中にこの映画を思いついたそうです。確かに思いつきだけのような映画ですね。 (トシ)[投票]
★3And then a hero comes along [review] (ADRENALINE of Adrenaline Queen)[投票(7)]
★3最低の娯楽映画かつ最高のアメコミオタク向けカルト映画。思わせぶりで間延びしたカットvs.張りめぐらされた隠喩。狭いストライクゾーンから外れた観客(=自分)にはちょっと退屈でした。 (ぐるぐる)[投票]
★3そんなオチでオレが驚くと思ったか!それとサミュエルの髪型・・・参りましたm(_ _)m (たろ)[投票(1)]
★3筋書きのためにブルース・ウィリスが異常に魯鈍な男に描かれててかわいそう。サミュエル・L・ジャクソンはおいしい役。 (ペンクロフ)[投票]
★2最初の10分はすごく面白い。その後ずーとたれてあのラスト。いいかげんにしてくれよな。映像だけでしたね、優秀なのは。企画が最後まで持たなかったサンプル作。 (セント)[投票(2)]
★1パート2が待ち遠しい。 [review] (Ribot)[投票(1)]
★3アンブレイカブルな瞬間を映像化して欲しかったなー。最後の結末が無かったら最悪の作品かもね。 (RED DANCER)[投票(1)]
★2いわゆる馬鹿ミステリィ。 [review] (あき♪)[投票(1)]
★3テーマやオチのくだらなさなんて最早眼中になく、片や不死身の男、此方生まれる前から骨折していた男、その対比が面白いじゃん、というモチーフだけで100分の尺の映画をケレン味たっぷりに撮ってしまう野心に感動する。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★4漫画好きですよ。私も。漫画が提供するのは笑いと夢ですよ。本作では、この夢の与える影響をシャマラン監督独特の視点から描いています。 [review] (スパルタのキツネ)[投票(1)]
★3監督と文化背景を共有できなかった人は、監督の話芸を楽しもう。 [review] (おーい粗茶)[投票(4)]
★3問題の「落ち」も,キャストも悪くないよ。するとやっぱり監督の演出の問題になるわけだけど・・・。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★4シックス・センス』同様の孤独な魂の対峙と相克。超絶美技だった前作を完全に裏切るズッコケ展開なのだが、無駄にパワーアップした冒頭シークェンスを筆頭に何でもかんでも痛ましいまでの哀しみに満ち溢れさせている。怖いもんなしのこの強引さは好みだ。 (けにろん)[投票(1)]
★3私は納得しました。 [review] (mal)[投票(10)]