コメンテータ
ランキング
HELP

「ヒッチコック」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

白い恐怖(1945/米) 汚名(1946/米) 泥棒成金(1955/米) 断崖(1941/米) 逃走迷路(1942/米) 見知らぬ乗客(1951/米) 知りすぎていた男(1956/米) 裏窓(1954/米) ダイヤルMを廻せ!(1954/米) ハリーの災難(1956/米) 間違えられた男(1956/米) めまい(1958/米) 鳥(1963/米) 北北西に進路を取れ(1959/米) サイコ(1960/米) レベッカ(1940/米) バルカン超特急(1938/英) 疑惑の影(1943/米) 海外特派員(1940/英) ロープ(1948/米)が好きな人ファンを表示する

呪怨(2002/日)************

★4奥菜恵の大きな瞳が印象的。 [review] (kawa)[投票(1)]
★3観てる間に不安がよぎったが呪怨特有の構成はきちんと使いこなした感はある。 [review] (t3b)[投票]
★2登場のタイミング・切り返しの間合い・効果音の大きさや入れ方・進行の速度やリズムなど、恐怖映画では普通の映画以上にこれら映画の運動神経とも言うべき要素が大事。これらが「適当」であれば、絶大な効果を出すのだが、この映画ではそれが実に「テキトー」だから、恐怖どころか笑いが出てしまう。 (ジェリー)[投票]
★3オリジナルと較べても、更に色のコントラストは大変映えていました。物語が破綻してる?それは元々です。 [review] (甘崎庵)[投票(3)]
★2ジャパニーズホラーの始まりだった。 (chokobo)[投票]
★3怖いかどうかより面白いかどうかの方が映画にとって重要であるのは恐怖映画であろうが別のジャンルであろうが変わりはない。その点から言えば本作は突き抜けはしないがオフスクリーンの見せ方などまあまあ面白い。時空を越えた父と娘の邂逅、或いは指の間から除く枷椰子の素顔。何故か物悲しささえも漂わせるこの場面に関しては見事。 (赤い戦車)[投票]
★3ホラーとして必要であるはずの要素を、ことごとく外しまくり、私にとって奥菜恵を外れ女優と決定させた作品。 [review] (トシ)[投票]
★1これが「最恐」?片腹いたいわ [review] (たろ)[投票]
★2全然恐くない。物語にも全然「呪怨」がない。全然面白くない。奥菜 恵がナニする訳じゃなし、リメイクを繰り返す理由がサッパリ解らん。 (死ぬまでシネマ)[投票]
★2この監督の頭には「決め」の絵はあったかも知れないが物語の構築には興味が無かったらしい。起と承を御座なりにした転と結だけの串団子が侘しく、古今東西の映画の物真似オンパレードも情けなく恥ずかしい。女優が皆可愛いのが救い。 (けにろん)[投票(5)]
★2アメリカ版で不可解な点はそのままなだけでなく、新たに消化不良な点が生まれている。 [review] (わっこ)[投票]