コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

tredairのコメント************

★4彼岸花(1958/日)ただ一通の手紙だけで夫と暮らしてゆくことに賛成してくれた、安易と言えば安易な、けれども私をとても信頼してくれていた父のことを思いだした。どうもありがとう。祝福してくれる人ばかりではなかったからこそ、あの時は本当に嬉しかったよ。 [review][投票(1)]
★5浮草(1959/日)回想シーンも長〜い台詞も大仰な音楽も細かな状況説明もないのに、それぞれの「これまで」や「いま」が手にとるようにわかる。所作や間合い、さらっと飛びだす言葉の抑揚、身なり、表情。こんなに色っぽい小津映画も初体験だ。[投票(8)]
★4お早よう(1959/日)これからは私も「ありがとう」の代わりに「アイラブユー」って言おうかな。イサムくんみたいに。[投票(3)]
★4突貫小僧(1929/日)わかりやすいからなのか短かったからなのか、隣の二才児も最後まで熱心に見てた。特にカバの真似は気にいったらしい。さっそく自分でも真似してみて喜んでいた。 [review][投票(1)]
★3大学は出たけれど(1929/日)田中絹代の最後の表情がよかった。 [review][投票]
★4東京の合唱(1931/日)職業に貴賤はないっつーの!それにしても、あの(唯一の)可愛らしい存在である妹はデコちゃんだったのね…。『浮雲』を見た直後なだけにショック。[投票(2)]
★5大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日)アキ・カウリスマキは墓碑にこの映画のタイトルを刻みたいそうだが、活動写真を見ながらの「ライオンのどこから歯磨き粉をとるの?」というギャグはちゃんと理解しているのだろうか。 [review][投票(1)]
★4秋刀魚の味(1962/日)なんどもだまされ、それが快感だった。[投票(1)]
★3長屋紳士録(1947/日)予想通りの展開だからこそ嬉しい。「おやかましゅう」もよいが「たれ逃げ」にも笑った。そんな言葉があるのかいな。[投票]
★4晩春(1949/日)内容的にちょっとモゾモゾするものも感じたが、原節子が動いているのを見た最初の映画だったので非常にドキドキした。[投票]
★4麦秋(1951/日)物語の進行に連れ徐々に人と人との関係やその人の背景がわかってくるのがよい。冒頭の海のカットがちゃんとラストの方で拾われているのもステキ。 [review][投票(1)]