コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

緑雨のコメント************

★4東京物語(1953/日)ディジタルリマスター版で再鑑賞。ロードムービーでありながら「移動」を一切描いていないことが強く印象付けられる。そして熱海行の意義。 [review][投票(3)]
★4早春(1956/日)「通勤電車仲間」という設定がひどく珍妙なものに思えてしまう現代。 [review][投票(1)]
★4東京暮色(1957/日)少々偽悪的過ぎでは、と思えるほど、綺麗事では済まない人生の裏の面が生々しく描かれており見応えじゅうぶん。 [review][投票]
★3彼岸花(1958/日)浪花千栄子サイコー。このお喋りばあさんを適当にあしらうジコチュー男・佐分利信も妻・田中絹代にかかっては子供扱い。人物関係の構図と台詞回しの面白いこと。[投票(1)]
★4浮草(1959/日)小津作品のレギュラー女優には清楚な美人タイプが多いが、本作では京マチ子若尾文子野添ひとみら大映女優陣の艶が、少々趣きの異なる彩りを添えている。 [review][投票(6)]
★3お早よう(1959/日)映画一本だけで終わってしまうの残念だなぁ、この設定。連続ドラマなんかの形で、いろんなエピソードを観てみたいぞ。[投票(1)]
★5秋日和(1960/日)デジタル修復版にて再鑑賞。『晩春』の換骨奪胎と言い切ってしまってよいと思うが、『晩春』のゴツゴツ感と比べると数段洗練されている。どっちも魅力的なのだが。 [review][投票(3)]
★4突貫小僧(1929/日)さらったガキにもてあそばれるオトナ。この逆転から生まれる笑いは現代のいろんなコメディにも息づいている普遍。コントの王道。[投票]
★3小早川家の秋(1961/日)昭和30年代の大阪や京都を鮮やかなカラーで観られるというだけでも楽しい。ラスト、BGMも含め突然不気味に変調するのに違和感があった。[投票]
★3大学は出たけれど(1929/日)「サンデー毎日」あまりにベタで笑った。しかし何だって大学出たばかりで職もないのにヨメがいるんだ?[投票]
★3大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日)活動写真での父ちゃんのキレっぷりには口あんぐり(面白かったけど)。あれじゃあショック受けるわな。父親自慢で喧嘩になるあたりは現在と違うなあ。今じゃ父親不在。昭和初期の東京郊外は荒涼としてて、それ見てるだけでも興味深かった。[投票]
★4秋刀魚の味(1962/日)軍艦マーチにあわせて敬礼しながら体をくねらせてリズムとる風呂上がりの岸田今日子、楽しげなその姿が脳裏から離れない。 [review][投票(5)]
★3父ありき(1942/日)父と子、ふたりで織り成す一代記。 [review][投票(1)]
★3長屋紳士録(1947/日)飯田蝶子って上手いなあ。海岸を必死で追いかけてくる坊やの姿には心動かされました。あまりウェットになりすぎないラストも良い。[投票]
★4晩春(1949/日)デジタル修復版にて再鑑賞。改めて、原節子のキャラクタリゼーションの異様さに瞠目する。小津はもはや原演じる紀子を、一貫した人格として描くことを放棄しているのではないか、という気さえしてくる。しかも極めて意図的に。 [review][投票(2)]
★4麦秋(1951/日)デジタル修復版にて再鑑賞。原節子のキャラクタが『晩春』とは一転して終始安定している。一見天然のようで、全てを悟っている慈母のようでもあり。複雑さを高度に安定させながら、淡島千景との秋田弁の応酬など意外な芸達者ぶりも見せる。 [review][投票(6)]
★3お茶漬の味(1952/日)佐分利信の芸の幅を知った。『彼岸花』『秋日和』での家父長的倣岸オヤジぶりがあまりに堂に入っていたのでそんな演技しかできないんだと勝手に思ってた。御見それいたしました。[投票]