コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

寒山のコメント************

★4東京物語(1953/日)高峰秀子がノン・クレジットで出ています。さてどこでしょう? [review][投票(1)]
★3早春(1956/日)登場する度に違和感を振りまく岸惠子。非小津的人物の筆頭格だろう。 [review][投票(2)]
★3東京暮色(1957/日)成瀬映画のヤルセナサを狙って真逆の収束。時代遅れの志賀直哉節。 [review][投票(1)]
★3彼岸花(1958/日)松竹ヌーヴェルヴァーグの若手に突き上げられる重役の自嘲と観れば一興 [review][投票(2)]
★3浮草(1959/日)ホウセンカの赤が田舎町に色恋の予感を漂わせ、夜汽車の赤いランプには『北北西に進路を取れ』を想起させる艶めかしさがある。 [review][投票]
★5お早よう(1959/日)喜劇らしい脇役天国に全編見せ場のテンコ盛り [review][投票(4)]
★2秋日和(1960/日)たぶん最低の小津。社用族の喜劇に大した面白味はなく説教に近く、悲哀は焼き直しで取ってつけたよう。撮影も自己模倣で意欲が感じられないのも辛い。 [review][投票]
★3東京の合唱(1931/日)高峰秀子が丸出しパンツのうえからお尻を掻いているのには参った。当時七つ。5歳から55歳までの姿がフィルムに残されるとは、人間として記録的であろう。[投票]
★5大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日)教室の掛け軸は「爆弾三勇士」 [review][投票(2)]
★2秋刀魚の味(1962/日)自己模倣の縮小再生産。酒呑んでいるシーンが2時間中1時間はあるのではないか。 [review][投票]
★2父ありき(1942/日)面妖な情報局賞受賞作品 [review][投票]
★4長屋紳士録(1947/日)小津唯一の終末SF映画 [review][投票(2)]
★5晩春(1949/日)二人で観る能舞台の演目は「杜若恋の舞」、身分違いで結ばれなかった在原業平と恋人杜若に憑依された者の狂気の舞であるらしく、原節子の狂気を見事に具象化している。 [review][投票(6)]
★4お茶漬の味(1952/日)リアリズム版『淑女は何を忘れたか』(レヴューは「淑女」のネタバレ込み) [review][投票(1)]