コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

拳闘屋キートン(1926/米)************

★3原題“Battling Butler”が名指す対象は、云うまでもなくまずここに登場する拳闘王者であり、延いては彼に成り済ます羽目になるバスター・キートンだが、さらには「戦う執事」すなわちスニッツ・エドワーズをも含むだろう。ここでエドワーズが担う笑いの比重はかつてのジョー・ロバーツ以上に大きい。 [review] (3819695)[投票]
★3セブン・チャンス』では弁護士を演じたスニッツ・エドワーズが、こゝではキートンの従者を演じ、二人のやり取りで度々笑わせられる。キートンが何度も「Arrange it」という台詞を吐くのが面白い。しかし同じ年に『大列車追跡』が作られていることを考えると本作は随分とおとなしめだ。 (ゑぎ)[投票(2)]