コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い(1994/米)************

★2家族の和解と平和のテーマが、肉親同士骨肉相食むややこしいストーリー展開の上で、全く寒々しいくらいに、それこそ水の上に浮かぶ油のように薄汚く浮き上がって見える。もっとこなれてほしい。 (ジェリー)[投票]
★3クライマックスは余りに臭い演出で困ってしまった。中盤まではいい。この映画も手紙の映画だ。しかし、ジョン・トールの撮影は美しい。美しい青空と雲が見られるから西部劇は好きだ。ジュリア・オーモンドはオバサン顔。 (ゑぎ)[投票(1)]
★3実は本作のテーマは宗教性に溢れている。聖書におけるカインとアベルの確執を物語を貫くテーマに、ケルト神話の「トリスタンとイゾルテ」の物語を絡め、ネイティヴ・アメリカンが語り部となるという… [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★2果てしなく長い想いを抱いた。 (RED DANCER)[投票]
★1思慮足らずの三男坊に、厚顔無恥の兄2人、さらに超尻軽で行動意味不明な嫁が加わり織り成す無駄に長い家族兄弟愛憎劇、としか私の目には映らなかった。腹立つくらいつまらなかった。 (緑雨)[投票(6)]
★1なんちゃって猛者の独り善がり旅。こんなのが、男だとでも言うのか。 (kiona)[投票(1)]