コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

サンダーボルト(1974/米)************

★5気の触れたウサギ運転手やハンマーで車を叩くバイク少女など、ただただ楽しくて不可解な挿話や細部が盛り込まれているのがいい。しかし何と云ってもこの切なさは尋常じゃない。かつての「西部劇」のような美しい空の下、プロフェッショナリズムと中高生ノリで貫かれるおっさん達の青春。 [review] (3819695)[投票(7)]
★4ニューシネマ+イーストウッドのアクション=ブリッジズの顔。なかなか!チミノはいつだって、人の顔を撮るのがうまいよ。 (ALPACA)[投票(1)]
★4「毒食わば皿まで」 [review] (ナム太郎)[投票(3)]
★4 Lightfoot!なんと人を小馬鹿にした素敵な名前だろ。 Lightfootにたきつけれて武骨な男たちが右往左往するのは、いささか幼稚な恨みつらみが支配する俗世間でありながら、奴らが引き起こす騒動はいつしか純度を増して超世界へと至る。まるで夢想空間。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3この監督は駄目だな。と思っていた所、本作を観て意外な思いを受けました。この監督は娯楽作を作り続けるべきだったかもしれません。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4とても牧歌的なニューシネマ。なんだかまるでジョニー・トーが撮りそうな映画じゃないか、と思った。まあ彼なら4人の関係をもう少しウェットに描くだろうが。 (赤い戦車)[投票]
★4ニューシネマの時代特有の、刹那的で、享楽的で、頽廃的で、ホロ苦い空気を体現するブリッジズが素晴らしい。邪気のない笑顔、女装姿の意外な綺麗さ。さすがのイーストウッドも食われている。 [review] (緑雨)[投票(4)]
★5年月を経て褪色するどころか鈍色の古典的風味さえ漂う。極めて寓話的な物語骨子に対して即物的で禍々しい犯行描写と詩情を醸す仰角構図の無為な時間が併存してる。そしてブリッジスの笑みが時代の終焉を示唆してもイーストウッドは彷徨い続けるのだ。 (けにろん)[投票(3)]
★4金庫強奪シーンがなかなか凝っている。ここでのジェフ・ブリッジスマシュー・モディーンに顔が似ている。 (kenichi)[投票]