コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

味園ユニバース(2015/日)************

★3商業映画進出初期に押しつけられた「日本のカウリスマキ」という評を疎ましげに振り払うかのごとく監督作を重ねてきたはずの山下敦弘が、何とも恬然と『過去のない男』の翻案に取り組んでいる。かのパルムドッグ受賞作から犬を抹消した代償として、赤犬が音楽を奏で、渋谷すばるには犬の名が与えられる。 [review] (3819695)[投票(1)]
★4山下もあれよあれよという間に大家の風格が出てき始め、映像に無駄がない。昔だったらこの題材で、しかもド大阪を描くことになるわけだから、もっと遊びの部分があっていいのだが、 [review] (セント)[投票(1)]
★3なんと言っても渋谷すばるの面構えがいい。漂わせる殺気は若手俳優では山田孝之と双璧。さらに、凶暴一歩手前で寸止めのパワフル歌唱が不穏さに輪をかける。そんな爆弾野郎をまえに二階堂ふみの「浪花の純情恋物語」は霞む。脚本が役者に負けてる。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4好きだったけど、愛してるとか、決して、決して、云わないで [review] (ペペロンチーノ)[投票(1)]
★4主人公の妥協の無い糞野郎ぶりが良く、すばるの遊びの無い生硬さがその余裕ない歌唱を含めマッチしてる。堪らぬ寂れ感を漂わすロケ選定も素晴らしい。ただ、終盤が完全に投げたように思え、シュール逃げも芸がない。西瓜シーン等勝負どころも情感不足だ。 (けにろん)[投票(2)]
★2ナンバ系睫毛の怖い二階堂ふみの緩急よろしき采配でどうにか観られる作品になっているが、脚本が弱すぎる。 [review] (寒山)[投票]