コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

さらば冬のかもめ(1973/米)************

★4男3人のムショ護送という恐ろしく色のない話なのに、人生たっぷりの濃くまた淡い味わい。いいなあ。強くなれない男にしか分からない、チッポケな一掴みの人生。でも、これが真実さ。 (セント)[投票]
★3ジャック・ニコルソンには似つかわしくない役だ。 (chokobo)[投票]
★5行進曲。冬の雪景色。だめな男三人のロードムービー。エキセントリック少し手前のJ・ニコルソン。 水兵服で雪の中を走る二人の姿に痺れ、この邦題をつけた人の、この映画への溢るる愛に共感。 (ALPACA)[投票(5)]
★4ベトナムの銃火を遥か彼方に聞きながら、水兵という身分にすがる食い詰め者たちの束の間の自由は、容赦なき寒風にさらされる。貴重な時間を酒びたりで無為に浪費する彼らは、実は海軍も刑務所も大差ないことを知っているのだ。でも、そんな自由でも自由なのだ。 (ぽんしゅう)[投票]
★4ニコルソンの懐の深さ。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4ソラミミスト。(06・1・21) [review] (山本美容室)[投票]
★2なんかなぁ。所々クスっと笑えたりもするんだが…。アメリカンニューシネマって苦手かも…。何が面白いのかさっぱり分からない(*_*)ジャック・ニコルソンも、似合ってない。オープニングとラストの行進曲は、可愛い。['07.5.18DVD] [review] (直人)[投票]