コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

学校 III(1998/日)************

★3ヒロインの息子が入れるナレーションが意味不明、小林稔侍はミスキャスト。しかし世間の荒波に疲れた中年同士が手を取り合う描写には光るものがある。自ら中高年の年齢になった山田洋次が、元気のない同世代に贈る人生の応援歌。[Video] [review] (Yasu)[投票]
★3「学校」とは名ばかりで「しのぶ」とタイトルしたくなるぐらい大竹しのぶの映画。いわゆる中流的普通さからずれてしまった女の日常の普通さを、なんなく演じきってしまう圧倒的な女優力。その分、他の要素が映画の外へと吹き飛んでしまった。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3キャラの魅力はあるけど、設定がありきたりなので、普通の作品に仕上がった。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4日常性の中に感動がある。 (RED DANCER)[投票]
★4リストラに絡む部分は山田の現実認識の弱点を露呈しているが中年男女の恋愛描写はさすがに絶妙に巧い。大竹しのぶはこういう役だと本当に独壇場。そして、投げ出すようなラストがシニカルで厳しい。 (けにろん)[投票(4)]
★4深刻なテーマなのに絶妙なキャスティングもあって、全編に渡ってユーモアが漂ってて、淀みない演出はさすが巨匠の山田洋次と思わせる。['04.12.6VIDEO] [review] (直人)[投票(2)]