コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

チャップリンの給料日(1922/米)************

★4働くって大変なんだな〜と子ども心に思った。[Video] [review] (Yasu)[投票(1)]
★5奥さんががみがみ言うラストが印象的。教育テレビ、淀川長治さんの解説で見ました。働くこと、食べること、愛することの原点ですかね。 (chokobo)[投票(1)]
★4カメラ・ワークの歴史の勉強にも使えそうな作品。チャップリンの映画って色々とためになります。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4煉瓦技が素晴らしく撮れている。 (RED DANCER)[投票]
★4映画という玩具を手にした人類の原初的な喜びが伝わってくる。現代映画も、たまにはこんな手をお使いください。 (G31)[投票]
★3軽快なレンガ積みや絶妙な間合いのランチタイム、お約束度満点な酔っぱらいギャグやギュウギュウの路面電車。と、どれもオモシロイのだが、個人的には<ラストがホラーめいた演出になる>という点が最も興味深い。一瞬『カリガリ博士』かと。 (tredair)[投票]
★3ギャグはかみさんとの攻防が面白い程度で普通だが、それとなく漂う悲哀の感覚がたまらなく愛おしい。 (赤い戦車)[投票]