コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

エリン・ブロコビッチ(2000/米)************

★4冒頭の衝突シーンから既に釘付け。[Video] (Yasu)[投票]
★5凄く大好きな性格です! [review] (ジャイアント白田)[投票(17)]
★4まずはタイトルバックの途中で目を見張ること必至。その後も名編集者アン・V・コーツ(『アラビアのロレンス』の編集者ですぞ)の卓越した編集技術に唸らせられる。 [review] (ゑぎ)[投票(3)]
★4アルバート・フィニーに会えたのが嬉しかった。オリエント急行以来の熱演に拍手! (chokobo)[投票]
★4最高に映画的な実話とジュリア・ロバーツとの幸せな出会い。これは本当に彼女なしではあり得ない映画。アルバート・フィニーのサポートも最高だし、ソダーバーグの技もさり気なく冴えわたる逸品。 [review] (ナム太郎)[投票]
★4ジュリア・ロバーツはあまり好きじゃないんだけれど、この映画は見事におもしろい。監督の力でしょう。 (AKINDO)[投票]
★3一緒に活動したくないタイプの人物だ。 [review] (甘崎庵)[投票]
★2企業側がひどく脆くて、実際はこんなもんじゃないと思うけど・・・。ことが順調に運びすぎておもしろみがない。 (RED DANCER)[投票]
★3見かけは派手だが、手堅い映画=エリン・ブロコビッチ(本人)そのもの。 [review] (ボイス母)[投票(1)]
★2寄せて上げてたのか (TOMIMORI)[投票]
★5これがジュリア・ロバーツの素の演技だというのなら、私はもう彼女のファンにならざるえない…。 [review] (tredair)[投票(22)]
★4ホントは弱いけど強い足取りで世間を渡るいい女。そんなエリンをとりまく空気は、乾いていながらどこか優しかったりもする。 [review] (くたー)[投票(5)]
★3欠落しているのは、彼女の「転機」か。 [review] (緑雨)[投票(1)]
★5かつてない程のジュリア・ロバーツの輝き!間違い無くジュリアの最高傑作。やっぱりジュリアには下品な役が似合う! (直人)[投票]
★5ジュリア・ロバーツが好きになりました。あのでかさがたまらないです。ソダバーグもしばらく見ないうちに立派な監督になって・・・。 (フォギー)[投票(2)]
★4結末が判っている実録ものなのにここまで面白くできるのはすごいことだ、確かに。 [review] (寒山)[投票(1)]