コメンテータ
ランキング
HELP

「小津安二郎」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

東京物語(1953/日) 早春(1956/日) 東京暮色(1957/日) 彼岸花(1958/日) 浮草物語(1934/日) 浮草(1959/日) お早よう(1959/日) 秋日和(1960/日) 突貫小僧(1929/日) 小早川家の秋(1961/日) 大学は出たけれど(1929/日) 東京の合唱(1931/日) 大人の見る絵本 生れてはみたけれど(1932/日) 秋刀魚の味(1962/日) 戸田家の兄妹(1941/日) 父ありき(1942/日) 長屋紳士録(1947/日) 晩春(1949/日) 麦秋(1951/日) お茶漬の味(1952/日)が好きな人ファンを表示する

ドリヴン(2001/カナダ=米)************

★3レイノルズ、スターローン、過去のマネースターをどうにか主役に付けさせるストーリーは、見ていてすっきりしない。彼らにチャンスをあげればいいのに。(アクション映画でなくフツウの映画に) (セント)[投票]
★3マシンをグローブに変えたらまんま『ロッキー5』になったりして。脚本がスタローンですしね。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3男のドラマだね。女の色気なんておまけにもならない。シルベスター・スタローンはやはり、セリフが少なかった。でも存在感はあったけどね。これを見た後に車に乗るのは危険!猛スピードで疾走したくなってしまう。実際やってしまった。 (RED DANCER)[投票]
★4ゴメンね、結構、楽しんじゃった♪←前半寝てたクセに☆=4かよっ!? [review] (ボイス母)[投票(13)]
★3暫定ポール・ポジション。 [review] (G31)[投票(1)]
★1好きな部分を探そうとしたけど全く見つからなかった。 (赤い戦車)[投票]
★3いろんな意味で全く期待通りの映画。 [review] (緑雨)[投票]
★4何の迷いもないバカが揃っての男祭りは幸福な結合を果たして純粋映画の域に達する。ハーリン演出のケレンも行き過ぎてダレる手前で危うく抑制され頃合い。スタローンもいい身の置き所だ。どっかの映画じゃないが「何て気持ちのいい連中なんだろう。」 (けにろん)[投票]
★4“俺は人を感動させたい” 少年のように純粋な情熱…それこそが表現者にとって最も大事なもの。シルベスター・スタローンには、何が無くとも、それがある。 (kiona)[投票(4)]
★3スタローン、「番長」から「影番」に。けどやっぱり仕切っているのはあなただ。 (ina)[投票(10)]