コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

G31のコメント************

★4のらくら(1921/米)なんてったってアイドル階級。 [review][投票(1)]
★4チャップリンの殺人狂時代(1947/米)いちど見たら忘れられない美しい女優さんが出ていたが、他の作品で見たことない。 [review][投票]
★2巴里の女性(1923/米)トーキーの登場する前だから、当時どう受け止められていたのかは不明だが、今観 ると、サイレント映画の割に台詞(字幕画面)が多過ぎ。流れの寸断が煩わしい。[投票]
★5街の灯(1931/米)サイレント映画の、最も良い部分があらわれた、映画史上の名作。 [review][投票(2)]
★4ニューヨークの王様(1957/英)チャップリンの、愛憎相半ばする“アメリカ” [review][投票]
★4サーカス(1928/米)「(綱)渡りに猿」てな体を張ったギャグはチャップリンならでは。恋路に関する物語は、流れ者のペーソスにあふれ、ほとんど寅さんだ。[投票]
★4担え銃(1918/米)彼にかかれば地獄も楽園。悲惨なはずの塹壕生活が、まるで笑いの宝庫だ。[投票(1)]
★4犬の生活(1918/米)エドナ・パーヴィアンスの全身ウインク。 [review][投票]
★4チャップリンの 独裁者(1940/米)映画史に、と言うより歴史に残る作品と思う。内容云々以前に存在が傑作。[投票]
★4チャップリンの給料日(1922/米)映画という玩具を手にした人類の原初的な喜びが伝わってくる。現代映画も、たまにはこんな手をお使いください。[投票]
★4偽牧師(1923/米)思わず宣誓。[投票]
★4チャップリンの 黄金狂時代(1925/米)靴食うわけにもいかないし、僕にできるのは「ジャパニーズ・ツリー」くらいかな。[投票]
★4モダン・タイムス(1936/米)ドラッカー的に言えば(すいません、最近の自分内流行です)、社会がチャップリンをイノベーションした作品。 [review][投票]
★5キッド(1921/米)コメディアンとしても役者としても、チャップリンと対等に渡り合えたのは、この作品のジャッキー・クーガンだけ。必見。[投票(10)]