コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

電人ザボーガー(2011/日)************

★4ザボーガーと言うよりピー・プロダクションに対する愛情がたっぷり詰まった作品。この暑(苦し)さを受け入れる人は必ずいる。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★3疲れ切った40代のおっさんにこそオススメ。(オレだが・・・)深く考えず、ニコニコで見たい。特に若い大門(古原靖久)の発声が心地よい。 (らーふる当番)[投票]
★4オリジナルに敬意を表しつつパロディとして再構築する技量に於いて前人未到の域に迫っている。一本調子でダレる井口だが2部構成でクリア。若手2人のド暑い好演と変態老優2人の間で分が悪い板尾を巨大愛美ちゃんが軽々抜き去る。快感だった。 (けにろん)[投票(2)]
★3照明が暗すぎて何が起こってるのかさっぱり分からんOPとそれに続くアクションらしきものが映っている茶番劇には途中で止めようか迷ったが、尻上がりに良くなってくる。一寸の虫にも五分の魂あり。とんでもなく安いが製作側の本気度は伝わった。原作に思い入れがあれば4点にしたであろう。 (赤い戦車)[投票]