コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

オブリビオン(2013/米)************

★4全く褒め言葉にはなってないけど、『未来惑星ザルドス』以上にザルドスしていた。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4ドローンが達磨みたいだったり、スカブがなまはげみたいだったり、ヴィカが僕好みだったりするあたりがストーリーや世界観の矛盾・破綻を適度に気にさせない。 (G31)[投票]
★5SF映画において統一されたデザインの大切さを顕著に示した好例。また現時点におけるSF映画の集大成、一つの到達点とも言えると思う。しかしそんな事よりも、個人的にはやっぱりアンドレア・ライズボローの美しさに目が釘付け。 [review] (シーチキン)[投票(4)]
★3どこがで見たことあるような感じ。目新しいのはボール(敵ロボットを勝手に命名)。ガンダムのボールがこの動きだったらと全く映画と関係ないところにウキウキ。 (らーふる当番)[投票]
★3オルガ・キュリレンコにとっては(日本における公開順で云えば前作に当たる)『Land of Oblivion』に引き続いてのオブリビオン映画出演となる。向後キュリレンコ・ファンと会話を交わす際には互いにどちらのオブリビオンを指しての発言であるかをいちいち瞭然とさす必要が生ずるなど、何かと厄介である。 [review] (3819695)[投票(3)]
★3まあ、一応ビジュアルは良しとしても、フリーマン以下の面々が物語的に機能せずで寧ろ妻への想いの純度を薄め切なさを拡散。で、彼らがいないとしても、このネタは余りに近年で多く語られハードルが高い。そして案の定、超えてない。健闘作だが志は低い。 (けにろん)[投票(7)]