コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

ジゴロ・イン・ニューヨーク(2013/米)************

★4アレンの役を客観的に演じるアレンは最高。 [review] (G31)[投票(2)]
★3シノプシスからは予期できぬほどユダヤユダヤした展開で、思わず豆鉄砲を喰らった鳩の顔面に酷似してしまう。ともあれ、さすがに自らではここまで可愛く演出しないだろう、というウディ・アレンの造型が見ものだ。ボヤキ芸の健在ぶりを披露しつつも、「孤独」から最も離れた家族構成でテーマを反照する。 (3819695)[投票]
★4変化する何かを描きたいのではなく、しがらみや惰性に揺蕩う中でまったりと小さな喜びや哀しみを慈しむという謙虚さが滲み出ている。多分、ジゴロとしての稼業で成功するしないは「誠意」の持ちようなのだと言う寄る辺ない男の願望。その慎ましやかな具現化。 (けにろん)[投票]
★4夫婦関係の心の枯渇を金銭による肉欲の充足で補うインテリ・レズビアン(シャロン・ストーン)。死別による物理的な愛欲の欠落を、宗教という外的規範で埋めようとする未亡人(ヴァネッサ・パラディ)。朴訥なジゴロは「花」に水と光を与え生気を回復させる。 [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]