コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

トレインスポッティング(1996/英)************

★4悲惨で愚かな若者映画なのに妙に芸術を錯覚してしまう。イギリス映画独特の魅力を惹きだされた、ちょっと痛い映画。常識と非常識は紙一重で便器のシーンもギョッ!とはするものの、しゃあないか・・・ですまされる疑心にためらいもなかった。不思議な面白さ。 (かっきー)[投票]
★3イタイ映像とイケテル映像のギャップが過激。音楽はクール。ところで女子中学生とやると犯罪になるのは、スコットランドでも同じなんだね。[Video] (Yasu)[投票]
★5ありとあらゆる悪ふざけが整然と詰め込まれた映画。こいつは最高だ。 (ふりてん)[投票]
★5世界は変わっていく。音楽もドラッグも。そして映画も、、。あ、何か新しいこと見つけなきゃ。。 (へなちょこ)[投票]
★2イギリス映画に必ずといっていいほど出てくるヘロインの実態?日本では撮れない映画だ. (RED DANCER)[投票(1)]
★3しかし、これがオシャレと見られていたとは、当時の日本も相当に変。 [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★4食事しながら、トイレのシーンを観たものだから、こっちも吐きそうになった(マジで)。まともに生きるのも、大変だ・・こいつ等には(笑) (ぼり)[投票]
★2今の自分には、おげれつとしか映らなかったのが残念でサビシー。 (kazby)[投票]
★4躊躇なく注射をうつシーンがあまりにリアルで、ユアン・マクレガーは本物の元ジャンキーだと信じてた。 [review] (G31)[投票(1)]
★2汚らしすぎて共感できなかった。 (アリ探し)[投票]
★4ジャンキー達のクレイジーな生活。イギリス映画らしい! (ロボトミー)[投票]
★2薄っぺらく軽い。 [review] (モモ★ラッチ)[投票(5)]
★3「見ず嫌い」のままにしておいてもよかったようだ。退屈はしないものの特に面白くないというか、例えるなら、電車の網棚にあった週刊ジャンプ。 [review] (tredair)[投票(3)]
★4あんなやばい内容だけど影響されそうになった自分が怖い。 (tenri)[投票]
★3「あと一発だけ、あと一本だけ、あと一杯だけ」ヤク・煙草・酒。これ中毒者の定番セリフ。俺も「あと一本だけ」を散々吐いてきたものだ。 (d999)[投票(1)]
★4結局、意志の弱いヘナチョコな男の話。憎めないのは、彼が優しさを持ってるからではなく、自分もヘナチョコだからだ。 (らーふる当番)[投票]
★3怒れる若者たちの末裔は社会構造圧力から解放された代わりに経済格差に圧殺される。かくして私達はドラッグに浸るのであーる。という言い訳地獄から這い上がったにしても世界が閉じていることは変わらない。幻覚描写をはじめ、ここには新しいものは何も無い。 (けにろん)[投票(1)]
★3まるでスコティッシュのプロモーションビデオ。とんとん拍子の展開が強調しまくりで逆に驚き。良い意味でも・・悪い意味でも。個性が全員際立っているのは面白いか。全体的な感想としては、評価が高いとされているだけに肩透かしを食らった感じ。 [review] (ナッシュ13)[投票]
★4音楽のセンスが良い。あとは別にどうってことない映画なんだけど英国の風景が好き。 (赤い戦車)[投票]