コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

砂の惑星(1984/米)************

★3未来の原始時代みたいな話しでした。 (chokobo)[投票(2)]
★4衣装、セット、人物、それら全てがリンチ監督独特の世界観と相まって、何ものにも影響されていない、「地球上には存在しないが、宇宙のどこかには存在しそうな」世界を作り上げている。せめて3部作程度にしてじっくり描けば、黒澤映画の色が濃い「スターウォーズ」シリーズとは違い、明らかに特異なSFシリーズになったはず。 (タモリ)[投票]
★3特別編を観ましたが最初はなんちゅう映画や!と思っていたがクライマックスが近づくにつれ、夢中で観てました。ハイテクと超ローテクの混在が変だけど・・・。 (RED DANCER)[投票]
★4この映画の感想をDUNEマニアの友人に喋った時の、その友人の顔は見物でした。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★1ずいぶん昔に見たので、映画館に観に行ってはじめて寝た映画、ってことしか覚えてない。すいません。 (G31)[投票]
★3原作ファンにもリンチファンにも何となく納得いかない出来だというのはわかる。宇宙を統べる皇帝の住む豪華な宮殿の床が、何故か一昔前の体育館みてーな緑のリノリウムだったりとかそういうところは大好きなんだけれど。 (はしぼそがらす)[投票(1)]
★3複雑多岐で超絶長大な原作は『LOR』並の構想力で企画されるべきだった。ハルコネン男爵の造形を見ても奇形に偏愛するリンチのセレクトは魅力的だが全体を統べる者がいなかったということだろう。ロマンティシズムが決定的に欠けている。 (けにろん)[投票(1)]