コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

エリン・ブロコビッチ(2000/米)************

★4アルバート・フィニーに会えたのが嬉しかった。オリエント急行以来の熱演に拍手! (chokobo)[投票]
★4冒頭の衝突シーンから既に釘付け。[Video] (Yasu)[投票]
★4実話ということで 常に、本当のエリンはどういう風だったんだろう?このシーンは脚色上こうなっているけど、、実際はどうだったんだろう・・って、そっちの方へ頭が行ってしまいました。 [review] (fufu)[投票]
★2企業側がひどく脆くて、実際はこんなもんじゃないと思うけど・・・。ことが順調に運びすぎておもしろみがない。 (RED DANCER)[投票]
★3一緒に活動したくないタイプの人物だ。 [review] (甘崎庵)[投票]
★5ジュリア・ロバーツの台詞の言い回しのセンスに関心、しかも何気にハマってるし(笑)攻撃的な彼女の役は、なんか、とてもかっこいい!! [review] (ぼり)[投票]
★4あの、垂れ流しの会社、哀れ。後々問題になるって分かっていただろうに。 [review] (kazby)[投票(3)]
★4ジュリア・ロバーツ良かった。チョットひねっただけの脚本なのにすごく斬新だった。スカッとする映画。 (ミスターM)[投票]
★3高いぞ、細いぞブロコビッチ。そしてメガネはずしたら松方弘樹にそっくりだぞ、タヌキのおじちゃん。 [review] (はしぼそがらす)[投票(4)]
★5細かいところでリアルな演出が、成功している映画。 [review] (シーチキン)[投票(5)]
★5これがジュリア・ロバーツの素の演技だというのなら、私はもう彼女のファンにならざるえない…。 [review] (tredair)[投票(22)]
★5ジュリア・ロバーツの魅力が最高に生かされている。もう駄作に出演するのはやめてくれ! [review] (ビビビ)[投票(5)]
★3最後まで切れずに、我慢強く理解と包容力を持った(いや、持てたと言おう)男性二人に敬意を表す。 [review] (らーふる当番)[投票(2)]
★5そのまんまジュリ・ロバーツ。無理がない分、魅力的。展開がわかりやすくて飽きさせない作品。ソダーバーグらしくないようで、実は彼らしい作品。(なのかな・・・?) (ナッシュ13)[投票]
★2俺としては、全然ダメ。実話を描きましたっていうだけじゃない。アカデミー賞ってわからん?胸の大きいジュリアロバーツもかわいくない。でも、ジュリアロバーツのアカデミー受賞はうれしい。 (TO−Y)[投票(1)]
★3男にせよ女にせよ、胸張ってる奴ぁカッコよいやね。 (ハイタカ)[投票(3)]
★3ジュリアロバーツの顔に巨乳は似合わないと思うのだが・・・。 (地球発)[投票]
★3見ていて不快だった。何故だ?近親憎悪なのか? (りかちゅ)[投票]