コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

メリー・ポピンズ(1964/米)************

★4凄いSFXだと思うんだけど。ジュリー・アンドリュースは翌年『サウンド・オブ・ミュージック』ではアカデミー賞を受賞できませんでした。 (chokobo)[投票]
★5なんて素敵な世界なんだろう!ジャッキーもビックリな屋根上の行進や煙突からの世界記録的なジャンプでの登場!ペンギンたちの軽やかなステップ、最高なファンタジーに心も弾む思い!大人も子供も大満足なこの映画は次世代に残して欲しい。 (かっきー)[投票(1)]
★4主人公のキャラが原作と180度違うものになっているのには最初違和感を覚えたが、映画化にあたっては必然の脚色だったのだろう。エピソードのちりばめ方が素晴らしい。 (Yasu)[投票]
★5これは良かった、メルヘンです。 (fufu)[投票]
★3幸せになれる映画です。 (RED DANCER)[投票(1)]
★5名作童話の原作とは全くベクトルが違ってるのですが、全く違う魅力を存分に見せてくれた作品でした。 [review] (甘崎庵)[投票(1)]
★3ジュリー・アンドリュースは子どもから「本当に空が飛べるの?」と聞かれるとこう答えるのだそうだ。「今は体重が増えてしまったので飛べないのよ」。いい話だなあ。 [review] (G31)[投票(2)]
★4ジュリー・アンドリュースが来れば、ダイジョーブイ!」ことは、翌年『サウンド・オブ・ミュージック』で立証される。のだった。 (はしぼそがらす)[投票(2)]
★4いくらCGが発達してもジュリー・アンドリュースに代わる人を見つけるのは至難だろうから、さすがのハリウッドも簡単にはリメイクできないと思う。あの「スーパーカリフラ…」を楽しそうに余裕持って歌える人なんて、そうはいないだろうから。 (tredair)[投票(3)]
★3彼岸から来たメリーに対し此岸にもヴァン・ダイクがいるのがミソで、子供放ったらかしで2人でよろしくやってるのが教条主義臭を廃してる。それでも結局は人間性の回復なぞ謳うしかない限界。総じて眠いがジュリーの唄声が聞こえると覚醒させられる。 (けにろん)[投票(2)]
★3アニメに同化する実写もすごいが、元将軍の時報に身構える一家や東風に吹き飛ばされるしかめっ面の教育係り、屋上や屋根の傾斜、煙突の上で所せましと踊る掃除人たちといった日常にちりばめられたアニメ感覚が楽しい。子供たちと父親の齟齬がおざなりなのが残念。 (ぽんしゅう)[投票]
★3ビデオの普及で、サントラ盤って聞かなくなっちゃったけど。お小遣い千円の当時、600円のサントラ盤を擦り切れるまで聴いたものです。 (りかちゅ)[投票(3)]