コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

ライムライト(1952/米)************

★5あの音楽とともに、この映画は永遠に私たちのもの。老いることと、若さへのあこがれ。年とともに深くしみわたります。見るたびに涙で何も見えなくなるくらい… [review] (chokobo)[投票(2)]
★5酔って帰宅し鍵を上手く差し込めないとこの映画を思い出します。卓越したパントマイムが印象的。素顔を見せないチャップリン・・・意識不明の涙が胸を熱くする。他の出演作にない魅力が満載。チャップリンは永遠に不滅です!そう呼べるのがこの作品。 (かっきー)[投票(1)]
★4街の灯』の発展型、そして屋上屋(Reviewには当然『街の灯』のネタバレもあり)[有楽町スバル座] [review] (Yasu)[投票(3)]
★5あの寂しさ・悲しさ・切なさ、キートンとのシーンの壮絶さ! [review] (ふりてん)[投票(1)]
★5「独裁者」のラストの演説では、世界の人々と対等の目線で訴えたが、10年以上経ったこの作品では人間的に一つ上の階段に登って人生を語っている。コメディの面では、(共にハリウッドから使い古されたような)キートンとの場面にキャリアが集約されている。その場面だけで映画が成り立っている。 (タモリ)[投票(1)]
★5チャップリンは気合い入れて観ます。しかもこの映画は別格扱い。だって、チャップリンがしゃべってるんだもん。 (fufu)[投票(1)]
★5戦う喜劇王チャップリンが諦観の念に達した、ある意味肩の力の抜けた軽みをもって作られた作品。なんだかんだいっても、彼はロマンチストだったのだ。 (takud-osaka)[投票(2)]
★4崇高な愛の物語であり、人生の応援歌でもある。 (RED DANCER)[投票(1)]
★5チャップリンキートンをどついて腹にケリかますのを見せられると、結構複雑な気分になりますねえ。 [review] (甘崎庵)[投票(3)]
★5かなり凹んでる時に見たので、感動はしたけど、逆に痛々しかったというのも正直な感想・・ (ぼり)[投票(1)]
★5背筋をピンと伸ばして、颯爽としている。 [review] (kazby)[投票(1)]
★4悲しく美しく,そしてちょっとだけおかしい物語。 (ワトニイ)[投票]
★4キートンとの舞台芸の痛々しさと言ったら。チャップリンの自己陶酔に目を背けた作品。 (G31)[投票(1)]
★3二人の競演が切なくて。 (はしぼそがらす)[投票(2)]
★4役者としてではなく、一人の人間としてのチャップリンを見る映画ではないだろうか。 [review] (シーチキン)[投票(1)]
★4ハットにステッキにきつめの服に大きい靴がなくてもやっぱりチャップリンです。 (tenri)[投票]
★4「笑い」を創造できる人は同時に「感動」も創造する事が出来る。その逆は少ない。 (らーふる当番)[投票(5)]
★3チャップリンの中では最も照明に気が配られた作品。 [review] (3819695)[投票]
★5ライムライト』は舞台に登る全て人間にとってのバイブルである。 (町田)[投票]
★3黄金狂時代』から『モダン・タイムス』までの4作品で映画という空間芸術の粋を極めたチャップリンが老いてロンドンの無名時代のバーレスクに回帰したのは矢張り老残だと思う。年寄りの理想郷願望に付き合うのは疲れる。 (けにろん)[投票(1)]
★4チャップリンの優しさが如実に出た映画。笑えないけど、素敵。 (赤い戦車)[投票]
★5チャップリンの映画という事はこの際忘れて観てみましょう。 (くーるみんと)[投票(1)]
★5チャプリンの数十年にわたるキャリアと、誕生から50余年経った映画媒体の表現技術が結実した作品。非凡な才能と成熟したメディアの出会いが、この美しい映画を生んだ。・・・2001年の今日、思う事→ [review] (ぽんしゅう)[投票(7)]
★3映画で嘘をつくことができなくなったチャップリンの顛末に一抹の侘しさを覚えるSO-SO 作品 [review] (junojuna)[投票]
★4この作品を見て改めてこの人(チャールズ・チャップリン)は映画というもの、舞台というもの、そして、「哀しみ」をよく理解していてそれを体現できる選ばれた人なんだな〜と思います。これは芸術作品です。 [review] (TO−Y)[投票(1)]
★4実際チャップリンの芸の衰えが顕著なので、この物語はリアルに同情したくなるほど切ない。しかし、あんな美人で若い姉ちゃんにモテモテな有様には逆にジェラシーを覚える。 (太陽と戦慄)[投票(2)]
★3僕の中でのチャップリンの遺作。 (地球発)[投票(1)]
★3衰えを見る映画だからソレを言うのは野暮でも、ちと退屈でしたクレア・ブルームがめちゃかわいい。 (モノリス砥石)[投票]
★5クレアを叱咤し、天井裏から舞台を見守るカルベロの祈り。 [review] (ゆーぼー)[投票(2)]
★2カムバックしたカルベロの舞台が詰まらない。チャプリンは人情路線で稼ぐうち、笑いの本質を忘れてしまったのではないか? (りかちゅ)[投票(2)]
★2出来れば大きなスクリーンで、なるべく大勢で観るのが理想。人生の終盤を迎えたチャップリンが、自らの人生の総括、或いは最後に一花咲かせて去る為に、己の芸人人生を賭けた勝負を観客に対して挑んでいる事への礼儀として、可能な限りそうするのがフェア。 [review] (煽尼采)[投票(2)]