コメンテータ
ランキング
HELP

「チャップリン」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

のらくら(1921/米) チャップリンの殺人狂時代(1947/米) 伯爵夫人(1967/英) 巴里の女性(1923/米) 街の灯(1931/米) ニューヨークの王様(1957/英) サーカス(1928/米) ライムライト(1952/米) 担え銃(1918/米) チャップリンのカルメン(1915/米) 犬の生活(1918/米) 一日の行楽(1919/米) チャップリンの 独裁者(1940/米) チャップリンの給料日(1922/米) 偽牧師(1923/米) チャップリンの移民(1917/米) サニー・サイド(1919/米) チャップリンの 黄金狂時代(1925/米) モダン・タイムス(1936/米) キッド(1921/米)が好きな人ファンを表示する

天国の門(1981/米)************

★4ディア・ハンター』で名声を得たチミノは、この映画で死んだ。そしてその後蘇ることがない。 [review] (chokobo)[投票]
★5曇のない眼で観賞すると、とても心に良い作品。誰もが体験する「卒業」のシーン、大海原を走る列車、これだけで、新たな世界へ旅立つ準備が整っている。のちに繰り広げられるアメリカらしい営みを、映像で充分に満喫堪能出来ました。 (かっきー)[投票]
★2画面は確かに綺麗。でも、それが本当に上手く機能していたのかどうかは別物で無駄な凝り方としか思えません。盛り上がる部分で退屈するというのは根本的な問題では? [review] (甘崎庵)[投票]
★3意外に安っぽい割に制作費が莫大に膨らんだのは、神経質な撮りなおしを繰り返した結果。でも駄作というほどではなく、ユナイト映画を倒産に追い込んだのはチミノというよりむしろ故意に劇場へ足を運ばなかった「反省嫌い」のアメリカ国民。 (ビビビ)[投票]
★5二一九分版。水面・雲・煙・炎といった定まった形を持たないものをどう撮るかに撮影者と監督の力量は端的にあらわれる。そのようなわけで、パラノイアックでさえある画面の完成度の高さは云わずもがなであるのだが、音響演出も一級品だ。 [review] (3819695)[投票(1)]
★3ハーバードの円舞やワイオミング宿場町の過剰な人馬など序盤60分は演出の狂気とジグモンドの採光に彩られ確かに凄い。しかし、東欧移民の『バイオリン弾き』的既視感に懸念を覚えたそばから回収を放棄された物語は崩壊する。終盤は失望と徒労しかない。 (けにろん)[投票]
★2巨額を投じて土埃舞う貧乏臭い西部を再現する倒錯は監督冥利に尽きるのかもしれないが、これ脚本ひどすぎ。元学友の農場主にはクソほどの意味もなく、娼館の女主人との関係もよく判らん。誰かダメ出ししてくれなかったのか。 (ペンクロフ)[投票(1)]
★4圧倒的な映像、画力でひたすら押してくる文字通りの力作。力作過ぎて疲れる面も。 (赤い戦車)[投票]
★3冒頭の場面、異常に長すぎ・・・。それで、もうチミノ・ワールドについていけなくなる・・。 (JEDI)[投票]