コメンテータ
ランキング
HELP

「ジャン・リュック・ゴダール」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

右側に気をつけろ(1987/仏) ヌーヴェルヴァーグ(1990/スイス=仏) 軽蔑(1963/仏) 女は女である(1961/仏) 女と男のいる舗道(1962/仏) ゴダールの決別(1993/スイス=仏) ゴダールの新ドイツ零年(1991/仏) 中国女(1967/仏) アルファヴィル(1965/仏=伊) ウィークエンド(1967/仏=伊) 男性・女性(1966/仏) パッション(1982/スイス=仏) ベトナムから遠く離れて(1967/仏) ゴダールの映画史 第1章すべての歴史/第2章単独の歴史(1989/仏) 気狂いピエロ(1965/仏) 勝手にしやがれ(1959/仏) ゴダールの探偵(1985/仏) ゴダールのマリア(1984/英=スイス=仏) カルメンという名の女(1983/仏) 彼女について私が知っている二、三の事柄(1966/仏)が好きな人ファンを表示する

タイタニック(1997/米)************

★1ギャグでしょ、ほとんど (まご)[投票]
★5わたしは、盆と暮れには「タイタニック」です。 [review] (ALPACA)[投票(4)]
★4恋愛の部分をばっさり切って一大スペクタクルに仕上げたらもっと面白くなっただろう。 (赤い戦車)[投票]
★1この程度の関係なのに命をかけられる男女って,ある意味で幸せだと思う。感動した人には悪いけど,浅いと言わざるを得ない。 [review] (ワトニイ)[投票(1)]
★5タイタニックの中にそれぞれの“人生”が凝縮されてる。だから思い出となって残るんだよなぁ。 (ドド)[投票(4)]
★3元気がない時に観たせいか,追い詰められた人間の醜い部分が描かれすぎていて,その自己中心的な様子に少しげんなりした.次は元気があるときに観てみます. (Passing Pleasures)[投票]
★4ハイ&ローの呉越同舟をヴィスコンティ級の重厚さで描くことができれば密閉空間の悲喜交々も荘厳なものにもなったろうがハーレクイーンにライト。そして、訪れる悲劇もテーマパークのアトラクションのように期待値の最大公約数を増幅する。大したものだ。 (けにろん)[投票]
★2無数のドラマがあったであろうタイタニックの実話を、この二人の恋愛劇に全て背負わせてしまうのには荷が重過ぎる。 (マッツァ)[投票]
★2やりきれない長さ。 (右側に気をつけろ)[投票(1)]
★5マッチを投げる演技をさせたらナンバー1!のビリー・ゼーンに拍手!! (JEDI)[投票]