コメンテータ
ランキング
HELP

「ジャン・リュック・ゴダール」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

右側に気をつけろ(1987/仏) ヌーヴェルヴァーグ(1990/スイス=仏) 軽蔑(1963/仏) 女は女である(1961/仏) 女と男のいる舗道(1962/仏) ゴダールの決別(1993/スイス=仏) ゴダールの新ドイツ零年(1991/仏) 中国女(1967/仏) アルファヴィル(1965/仏=伊) ウィークエンド(1967/仏=伊) 男性・女性(1966/仏) パッション(1982/スイス=仏) ベトナムから遠く離れて(1967/仏) ゴダールの映画史 第1章すべての歴史/第2章単独の歴史(1989/仏) 気狂いピエロ(1965/仏) 勝手にしやがれ(1959/仏) ゴダールの探偵(1985/仏) ゴダールのマリア(1984/英=スイス=仏) カルメンという名の女(1983/仏) 彼女について私が知っている二、三の事柄(1966/仏)が好きな人ファンを表示する

トランスフォーマー ロストエイジ(2014/米)************

★32.5。家主?らしき人を追っ払った後、マーク・ウォールバーグとニコラ・ペルツが父娘の対話を木陰でする。2者の複雑な感情を、彼らの身体に重なる揺れ動く影が微妙に視覚化する。ま、悪くないと思う。ところがだ、次にアップがくるとその影が消えうせとるんですわ。続くカーチェイスでも夕景と昼、明らかに太陽の高さが違うショットを組み合わせている。いやまあそれでも繋がるけどさ。ただの演出怠慢じゃないっすかね? [review] (赤い戦車)[投票]
★2方形の金属がガシャガシャと変形するのが良いのであって、粒状物質にトランスフォームさせた時点で終わったと思う。途中からクソのような物語の舐めた根性に付き合うのがアホらしくなった。グッドマンが当てた新キャラも擬人化が進み気持ち悪い。 (けにろん)[投票]