コメンテータ
ランキング
HELP

「ジャン・リュック・ゴダール」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

右側に気をつけろ(1987/仏) ヌーヴェルヴァーグ(1990/スイス=仏) 軽蔑(1963/仏) 女は女である(1961/仏) 女と男のいる舗道(1962/仏) ゴダールの決別(1993/スイス=仏) ゴダールの新ドイツ零年(1991/仏) 中国女(1967/仏) アルファヴィル(1965/仏=伊) ウィークエンド(1967/仏=伊) 男性・女性(1966/仏) パッション(1982/スイス=仏) ベトナムから遠く離れて(1967/仏) ゴダールの映画史 第1章すべての歴史/第2章単独の歴史(1989/仏) 気狂いピエロ(1965/仏) 勝手にしやがれ(1959/仏) ゴダールの探偵(1985/仏) ゴダールのマリア(1984/英=スイス=仏) カルメンという名の女(1983/仏) 彼女について私が知っている二、三の事柄(1966/仏)が好きな人ファンを表示する

逆噴射家族(1984/日)************

★3わざわざ、映画にしなくてもよかったのかも。 (ALPACA)[投票]
★5小林よしのりの無茶な脚本、伊藤高志のスピード感溢れる映像、そして石井監督のロックの感性。3者が1歩も譲らずスパークするものすごい世界。 (_)[投票]
★3家庭内殺し合い映画。親父が立て篭もるのはトイレ(^^;〔3.5〕 [review] (ハイタカ)[投票(3)]
★5森田芳光の「家族ゲーム」と石井聰亙のこの作品は、どちらも戯画的なホームコメディのかたちで、あの時代、日本の家庭に漂っていた言い知れぬ空気を実にうまく描き出した秀作です! (とんとん)[投票]
★4周りが変だと言ってる自分が結局一番変なのであった…が再周回し辿り着いた社会リセット待望論。類型的前半ではあるが老父の為に掘り始めた行為は逸脱してアナーキーな破壊に向かう。終息かと思えた後の顛末は『爆裂都市』を経た石井の力業で容認したい。 (けにろん)[投票(2)]
★3会社で神経すり減らし、帰って来ては家族に気を使い、これでは発狂でもしなきゃやってられない。父親の家庭内における行き場のなさを再確認。そう言えば、ウチの親父も便所長いや。 (マッツァ)[投票]