コメンテータ
ランキング
HELP

「ジャン・リュック・ゴダール」(システム既定POV)の映画ファンのコメント

右側に気をつけろ(1987/仏) ヌーヴェルヴァーグ(1990/スイス=仏) 軽蔑(1963/仏) 女は女である(1961/仏) 女と男のいる舗道(1962/仏) ゴダールの決別(1993/スイス=仏) ゴダールの新ドイツ零年(1991/仏) 中国女(1967/仏) アルファヴィル(1965/仏=伊) ウィークエンド(1967/仏=伊) 男性・女性(1966/仏) パッション(1982/スイス=仏) ベトナムから遠く離れて(1967/仏) ゴダールの映画史 第1章すべての歴史/第2章単独の歴史(1989/仏) 気狂いピエロ(1965/仏) 勝手にしやがれ(1959/仏) ゴダールの探偵(1985/仏) ゴダールのマリア(1984/英=スイス=仏) カルメンという名の女(1983/仏) 彼女について私が知っている二、三の事柄(1966/仏)が好きな人ファンを表示する

フランケンシュタイン(1994/英=米)************

★3フランケンマニアのわたくしですが。ひたすら正統的さぶりには満足。でも、でも、顔が物足りない。いや、手術台も。いや。やはり、原作には遥か及ばない。 (ALPACA)[投票(2)]
★4話はストレートながら全体的に非常にダイナミック。ラストの盛り上がりなんかは驚異的だ。 (ドド)[投票]
★3望まれずしての出自への悲哀。正攻法で描いて堂々たるものだが、今更感がぬぐえない。『ドラキュラ』でコッポラのやった絢爛とハッタリの釣瓶打ちに比して余りに糞真面目なアプローチ。デ・ニーロも隠し球を持ち得なかった。 (けにろん)[投票]
★3狙って撮ったのが見え見えな演出の生硬さや、逆に、もっと巧く撮るべき箇所の凡庸さが気になる。必要以上にやけに回転するカメラワークは何か面白い。凧も機械装置も大回転。クリーチャーの特殊メイクはそれ自体がなかなかに雄弁な表現。 [review] (煽尼采)[投票]