コメンテータ
ランキング
HELP

「新・大映のシリーズ」(犬)の映画ファンのコメント

ある女子高校医の記録 妊娠(1968/日) 関東おんな悪名(1969/日) 続・与太郎戦記(1969/日) あゝ特別攻撃隊(1960/日) 海軍兵学校物語 あゝ江田島(1959/日) あゝ零戦(1965/日) あゝ海軍(1969/日) しびれくらげ(1970/日) でんきくらげ(1970/日) 夜のいそぎんちゃく(1970/日) 与太郎戦記(1969/日) あゝ陸軍 隼戦闘隊(1969/日)が好きな人ファンを表示する

でんきくらげ(1970/日)************

★4渥美マリの完全に周りと合ってない演技の強引さがスゴいワ。母親との度重なる面会が何ともコミカル。(review追補:改訂☆3点→☆3.9点) [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★4同じように男のなかを彷徨する人生だとしても、母(根岸明美)が「おんな」を生きたのだとしたら、由美(渥美マリ)は「自分自身」を生きた。何故なら由美は全てのことを自身で決めた。母がした唯一の決定は娘のために男に刃を向けることだけ。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3こういう夜の世界を増村が描いても彼の持ってる特殊性が発揮されないということかな。馬鹿馬鹿しいほどの感情の爆発を観たかった。 (----)[投票]
★4カエルの子はカエル?オナペット女優(←死語)もしくは身体をはるガテン系女優渥美マリのひたむきな一生懸命さが好印象。男から男を渡り歩いて現代のわらしべ長者?空虚な感じが漂うのは金が与えてくれるモノの儚さゆえか。 (マッツァ)[投票]
★4義父の舐め回し視線と、すっぽん川津の気合のこもったゴーゴーと、じじいの粘着はちまきえっちがキュート。意外にもヤローどもの怪演に痺れた。 (ピロちゃんきゅ〜)[投票]
★3にっぽん昆虫記』より遥かに退化している [review] (ペペロンチーノ)[投票]