コメンテータ
ランキング
HELP

「新・大映のシリーズ」(犬)の映画ファンのコメント

いそぎんちゃく(1969/日) ある女子高校医の記録 妊娠(1968/日) 関東おんな悪名(1969/日) 続・与太郎戦記(1969/日) あゝ特別攻撃隊(1960/日) 海軍兵学校物語 あゝ江田島(1959/日) あゝ零戦(1965/日) あゝ海軍(1969/日) しびれくらげ(1970/日) でんきくらげ(1970/日) 夜のいそぎんちゃく(1970/日) 与太郎戦記(1969/日) あゝ陸軍 隼戦闘隊(1969/日)が好きな人ファンを表示する

斬る(1968/日)************

★5たった2時間弱の中であらゆる脇役たちのキャラクターが見事な程に描かれている。『切腹』が記録に残る映画ならば、『斬る』は記憶に焼きつく映画。 (sawa:38)[投票(3)]
★5黒澤の『用心棒』『椿三四郎』に3.5点以上つけたひと,是非観てくれ。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票]
★4黒澤は侍の心は好むがその権威に懐疑的で脆弱さを嫌うのだが、岡本は侍という地位が体現する心の権威自体が嫌いなのだ。その証拠に、十郎太(岸田森)と半次郎(高橋悦史)は女のために地位を放棄し、弥源太(仲代達矢)もまた女により地位の呪縛から解放される。 (ぽんしゅう)[投票]
★4個性的な奴等が続々登場、それでいて散漫にならない脇役達への光が当て具合が絶妙。重すぎも軽すぎもせずのバランス感覚もお見事。個人的には『椿三十郎』よりこっちの方が好み。 (マッツァ)[投票]
★4仲代達也と高橋悦史のキャラが面白い。黒澤明とはまた違う雰囲気の娯楽時代劇。 (荒馬大介)[投票]
★5岡本喜八版『椿三十郎』。1秒も飽きない。 (ペペロンチーノ)[投票(1)]