コメンテータ
ランキング
HELP

「映画芸術ワーストワン一覧」(寒山)の映画ファンのコメント

上海バンスキング(1988/日) 空気人形(2009/日) ホワイトアウト(2000/日) サンダカン八番娼館 望郷(1974/日) 静かな生活(1995/日) 日本のいちばん長い日(2015/日) 乱(1985/日) あいつ(1991/日) 四十七人の刺客(1994/日) キネマの天地(1986/日) 落陽(1992/日) マルサの女2(1988/日) 海峡(1982/日) 世界の中心で、愛をさけぶ(2004/日) お吟さま(1978/日) HANA-BI(1997/日) ステキな金縛り(2010/日) 楢山節考(1983/日) 竹取物語(1987/日) 衝動殺人 息子よ(1979/日) 東京家族(2012/日) おくりびと(2008/日) パラサイト・イヴ(1997/日) 北の岬(1976/日) 希望の国(2012/日=英=香港) 青春の門(1975/日) スーパーの女(1996/日) 千年の恋 ひかる源氏物語(2001/日) ホタル(2001/日) 鉄道員〈ぽっぽや〉(1999/日) 影武者(1980/日) 駅 STATION(1981/日) あげまん(1990/日) 人間の証明(1977/日) 怒り(2016/日) そこのみにて光輝く(2013/日) ゲド戦記(2006/日) 大日本人(2007/日) スパイ・ゾルゲ(2003/日) 告白(2010/日) ALWAYS 三丁目の夕日(2005/日) 学校(1993/日) オルゴール(1989/日)が好きな人ファンを表示する

G31のコメント************

★3上海バンスキング(1988/日)余韻がある。[投票]
★3空気人形(2009/日)鉄砲洲あたり?と思って見てたが、新大橋や両国橋に近いのだとするともちっと北方か。話を考えると不思議なのだが、詩情ある映画でした。 [review][投票(2)]
★1サンダカン八番娼館 望郷(1974/日)田中絹代さんのこの振る舞いは、もはやお芝居とは呼べないのではないか。大女優にこんなことさせてはいけないと、見ていて悲しい気持ちになりました。[投票]
★2静かな生活(1995/日)玄関からして不自然だ。光の当たり方とか。[投票]
★3乱(1985/日)役者がいない。[投票(3)]
★3海峡(1982/日)A男「信じられないな。この海の底を新幹線が走るなんて」、B男「新幹線なんて、 まだいつのことだか」 [review][投票]
★1世界の中心で、愛をさけぶ(2004/日)言葉はあるが、一方的な独白や感慨ばかりで対話がない。いま目の前で物語が紡がれていくという感動がない。それがラブストーリーであることの奇妙。[投票(7)]
★4HANA-BI(1997/日)久石譲の音楽付きでたけしの描いた絵を眺めていると、なぜかしんみり涙さえ浮かんできた。映画を観てのこんな体験は初めて。[投票]
★3ステキな金縛り(2010/日)そこそこは面白い。だが中井貴一が犬と戯れるシーン一つとっても見せ方が演劇的と思う。映画的な躍動感がない。[投票]
★4楢山節考(1983/日)ヒーローとは、本当に大切なことのために自分の命を犠牲に出来るおりんのような人。坂本スミ子、かっこいい。[投票(3)]
★3東京家族(2012/日)一番は、登場人物の属性設定にまるでリアリティーがない。そこからいかなる情感も紡ぎ出し得ないでしょ。 [review][投票(1)]
★3おくりびと(2008/日)ひと言でいうと着眼点のみの映画だが、裏方で、いわれのない偏見にさらされうるお仕事に、一定以上の敬意が払われていて良。 [review][投票(6)]
★2希望の国(2012/日=英=香港)強いて言うなら、今の日本の一面を体現した(描写した、ではなく)映画ではあるのだろう。 [review][投票(1)]
★1千年の恋 ひかる源氏物語(2001/日)エライ!酷評覚悟でここまでやり遂げるその心意気やよし!でも酷評・・・。世の中厳しいのよ。 [review][投票]
★2鉄道員〈ぽっぽや〉(1999/日)くだらない。[投票]
★4影武者(1980/日)仲代の良さはその端正な顔つきから生まれるクールさなのに、顔の筋肉に力入れ過ぎなんだよな。三船の真似してもダメです。題材の着眼点と圧倒するスケール、漂う無常感に。[投票(1)]
★4駅 STATION(1981/日)千恵子:“私って声が大きいって言われるの” 健さん(独白): [review][投票(2)]
★2あげまん(1990/日)タイトルはいいのか映倫。[投票(1)]
★3人間の証明(1977/日)この12年後に松田優作が、ニュー・ヨークから日本に送り返された(『ブラック・レイン』)ことを思えば、感慨深いものがある。 [review][投票(2)]
★3そこのみにて光輝く(2013/日)函館の短い夏に合わせるかのように、糞詰まりな状況がきちんと一つの方向に収束していく。甘いと言えば甘いのだろうが、そうでもなければしんどいだけだ。[投票(1)]
★4大日本人(2007/日)笑いの仮面に篭る男。 [review][投票(2)]
★4告白(2010/日)私刑をテーマとした陰惨な面はあるが、選び抜かれた言葉や考え抜かれた論理構成が際立ち、これとよく拮抗している。 [review][投票(3)]