コメンテータ
ランキング
HELP

「映画芸術ワーストワン一覧」(寒山)の映画ファンのコメント

上海バンスキング(1988/日) 空気人形(2009/日) ホワイトアウト(2000/日) サンダカン八番娼館 望郷(1974/日) 静かな生活(1995/日) 日本のいちばん長い日(2015/日) 乱(1985/日) あいつ(1991/日) 四十七人の刺客(1994/日) キネマの天地(1986/日) 落陽(1992/日) マルサの女2(1988/日) 海峡(1982/日) 世界の中心で、愛をさけぶ(2004/日) お吟さま(1978/日) HANA-BI(1997/日) ステキな金縛り(2010/日) 楢山節考(1983/日) 竹取物語(1987/日) 衝動殺人 息子よ(1979/日) 東京家族(2012/日) おくりびと(2008/日) パラサイト・イヴ(1997/日) 北の岬(1976/日) 希望の国(2012/日=英=香港) 青春の門(1975/日) スーパーの女(1996/日) 千年の恋 ひかる源氏物語(2001/日) ホタル(2001/日) 鉄道員〈ぽっぽや〉(1999/日) 影武者(1980/日) 駅 STATION(1981/日) あげまん(1990/日) 人間の証明(1977/日) 怒り(2016/日) そこのみにて光輝く(2013/日) ゲド戦記(2006/日) 大日本人(2007/日) スパイ・ゾルゲ(2003/日) 告白(2010/日) ALWAYS 三丁目の夕日(2005/日) 学校(1993/日) オルゴール(1989/日)が好きな人ファンを表示する

tkcrowsのコメント************

★3上海バンスキング(1988/日)映画版の出来に業を煮やした自由劇場のメンバーが一念発起した待望の真のオリジナル。吉田日出子の全身から漂う雰囲気はもはやポッと出の女優には太刀打ちできない。しかし、引き&固定ショットを多用した舞台的撮影は真意が観客には届かなかったはず。やはりこれは舞台劇なのだと再認識。[投票(1)]
★4空気人形(2009/日)終盤の「事件」が物語を安くしているものの、全般的には非常に秀逸に思えるのは偏に常にゆっくりと動いている映像(カメラ)だ。語る場面より言葉がないシーンのほうが作品がふくよかで密度が濃い。そういってしまうと環境映画か、と邪知されそうだが、実際環境映画的に観ていた部分は確かにある。本作のペ・ドゥナは本当に魅力的で一見の価値あり。[投票(1)]
★3ホワイトアウト(2000/日)織田好き妻に無理矢理映画館に連れていかれて観たが、意外にも面白かった。大きなスクリーンで観るダムは存在感抜群だった。やはり映画は映画館で観るもの。確実に評価は+1される。TVやDVDで観てしまう(再見含む)と変に冷静になってしまう映画館マジック。[投票]
★3静かな生活(1995/日)相変わらず下手な台詞に味がある佐伯日菜子。演技してても頭の良さが見え隠れしてしまう渡部篤郎。このテーマにしてエンタメさせて見せる力技は認めるけど、いつもの伊丹作品らしくない芯が通ってない脚本にガッカリ。山崎努をもっと素直に使えば面白くなっただろうに。下水のエピソードが一番Goodだなんて。[投票]
★4日本のいちばん長い日(2015/日)名作の真っ向勝負を避けたのは正解。これはこれでアリだし、特に配役が全て素晴らしい。酎吉さんを観たのは久々だけど抑えた演技が的確で助演男優賞あげたいくらい。ここまでやったら役所さんの最後のあれは事後だけでも良かったのではないかと。松坂くんはこういう役もしっかり受けるから好感度高い。[投票]
★3乱(1985/日)こんなにも大勢の役者が出ているのにこの寒々しさはいったいなんだ。かつての作品との決定的な違いは緊張感と息苦しさで形成された空気の密度。緩い空気が全編を覆い、役者間の意識の伝達力はスカスカである。これが大作という意識に占領されてしまった結果なら、邦画界にも罪はある。[投票(1)]
★3キネマの天地(1986/日)ヒロインにあまりに華がないと脇がしっかりしていても持ちこたえられないという結果。この頃の有森にはそれくらい力がなかった。実力をつけた今ならまだ観られただろうと思うと残念。この作品では冒頭とラストではあきらかに輝きが違うヒロインでなければならなかった。[投票(1)]
★3マルサの女2(1988/日)追い込んでいく側と追い込まれる側が隔離されていて緊張感に欠けること甚だしい。出演者は豪華なのに見せ場も少ない。それなりに楽しめてしまうのはやはり伊丹作品であるからだけど。伊丹作品に必ずはいるエロシーンさえなければ家族で観られるんだけどなあ。[投票(1)]
★3世界の中心で、愛をさけぶ(2004/日)物語はありがちなもの、と聞いていたので見る機会を逸してきた。確かによくある悲恋ものの域を出ていない感はあるものの、丁寧な撮影と余韻を持った編集で手堅い作品に持ち上げられてると思った。派手さがない分、印象はとても良い。自分は泣けはしなかったが穏やかな気持ちで鑑賞できた。旬を過ぎたから良かったのかも。[投票]
★3HANA-BI(1997/日)「何故賞を?」という先入観を最後まで頭から消してくれなかった。わざと観ている側のリズムをはずす間の作り方には舌を巻いたが、次第にその繰り返しが単調となり、気持ちは既に結果を望んでいた。動の部分も静かに描くことをどれくらい許容できるかがこの作品の評価に影響しそう。[投票(1)]
★3ステキな金縛り(2010/日)妻から「深津絵里に似てるってよく言われるのー」と言われるのだが、たぶん似てない。欲目でも似てない。誰が妻を調子づかせているのだろう。いい迷惑だ。というのはともかく。三谷作品の中では出来は良いと思う。相変わらずのオールスターてんこ盛りは鼻につくし、無理やりなハッピーエンドは妙にこそばゆいが、主演格3名は上手くはまっている。コメディを追い求めているほとんど唯一の人なので今後もがんばってもらいたい。[投票]
★4おくりびと(2008/日)題材が題材だし、この監督だからなあと思って観ていた。確かに相変わらずしつこいのだが、今回は控えめで好感が持てた。でも、このほのかな感動は監督の力ではなく、脚本の細部やちゃんと作品と向き合った役者陣の力技にだと思う。それくらい本木の姿は凛として美しかったのだ。[投票(2)]
★2パラサイト・イヴ(1997/日)肌色スーツがなんともはや。ボカシ・モザイク同様、一気に現実に戻される。理系の説得力が(強引ながらも)功を奏した前半に較べ、なしくずしに自己否定に走っている(印象の)後半のギャップが大きい。すべてにおいて荷が重かった印象。今、CGバリバリでリメイクすれば?もちろん全裸も厭わない女優さんとセットで。[投票(1)]
★3スーパーの女(1996/日)着目点はいいのだけど、「〜の女」シリーズってこの頃にはすっかりパワーを失っており、当の制作側もわかっていたはず。それをゴリ押しで進めるから「これはこう認識されているけど実はこうなのよ」的な台詞ばかりで構成されてしまったのかも。面白かったけど1回で十分。[投票(1)]
★4鉄道員〈ぽっぽや〉(1999/日)テーマ曲が不自然に良くて違和感。原作から比較すると駅長があまりに男らしくカッコいいことに違和感。広末キャスティングに違和感。大作であることに違和感。と、違和感ありまくりだったがまんまと騙されて泣けた。だって健さんだもん。本来は小品として作られるべき映画だった。[投票(1)]
★4駅 STATION(1981/日)いしだあゆみの演技に泣けて泣けて★4。根津甚八の風貌はまさに状況劇場の頃の彼で、もっと何かやってくれると思ったがあれだけなんて。まさに最近の健さんの演技がこの頃の作品で固定されてしまったことが見て取れる。そういう意味での罪は大きい。本来の健さんはもう少し饒舌。[投票(5)]
★2あげまん(1990/日)あげまんって女性蔑視の言葉だよなあと、つくづく。この作品を見る限り、男の運気を上げる女ではなく、男に運気を吸い取られてしまう女ではないか。それくらい作中、ナヨコは男運がない。確かに面白い作品ではあるが、そういった微妙な差別的な視線が気になってどうしても平均点以上あげたくない。[投票]
★3人間の証明(1977/日)社会派森村の原作に清張的な情感を盛り込んだ展開は似合わない。硬派でいくのか軟派で行くのかどっちつかずの内容にしてしまったのが残念。岡田茉莉子にはこの役は重荷だったか。彼女の目はあまりにも何も語らず、心の奥に潜んだ冷酷さしか私には伝わってこなかった。[投票(2)]
★1大日本人(2007/日)照れ隠し的な「裏の意味」が押し付けがましくないのは好感が持てるが、如何せん、観ていて惹きつけられるものがない。初っ端から眠くなる経験をしたのは久しぶり。後はずっと睡眠欲との戦い。これはもう、本編を撮るという才能が欠如していると言っていいのではないか。[投票(1)]
★5告白(2010/日)子供と一緒に観たくない圧倒的ホラー。殊更に血を見せる必要はないとは思うものの、だからこそ起きている異常な世界が強調されるという皮肉。自分の子供だけはこうではないと観ている親たちは皆思うだろうが、たぶん作中の親たちもきっと同じ、という恐ろしさ。いつも画に凝る監督だが、今回はこう来たか。見事だ。[投票(2)]
★5ALWAYS 三丁目の夕日(2005/日)冒頭の手作りヒコーキから涙腺が緩んでいるんだからどうしようもない。まさに何度となく涙を搾り取られた133分。 [review][投票(9)]
★2学校(1993/日)観せるということに関してはプロであるはずの山田洋次が創ったベタベタのお涙頂戴映画。彼の持ち味は日本人が持っている「控えめ」さ。にも関わらずここまで我の強い感涙の押売りは辟易以上に驚きですらあった。設定、台詞、それだけで勝負はできるはず。彼はここまでやるべきではなかった。[投票]