コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

蛇イチゴ (2002/)

Wild Berries

[Drama]
製作是枝裕和
監督西川美和
脚本西川美和
撮影山本英夫
美術磯見俊裕
音楽中村俊
衣装小林身和子
出演宮迫博之 / つみきみほ / 平泉成 / 大谷直子 / 手塚とおる / 絵沢萠子 / 寺島進 / 笑福亭松之助
あらすじ働き者の父、痴呆が目立つが明るく楽しい祖父、優しい母。そして小学校の教師である娘の倫子(つみきみほ)は同僚の鎌田(手塚とおる)との結婚が控えている。そんな明智家は、平穏で幸せな日々を送っていた。一方で、息子であり倫子の兄である周治(宮迫博之)は家族と10年間断絶中。家族はその行方さえ知らなかった。…しかし運命の日はやってくる。ひょんなことから周治が明智家の目の前に姿を現わすのだ。明智家の調和は乱れ、次々に迫り来る一家の危機。そんな家族模様をリアルに描いたシニカル・コメディ。西川美和の初メガホン作。そして雨上がり決死隊・宮迫の初主演作。 [more] (ナッシュ13)[投票]
Comments
全20 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5大人になった子供から見た、家族の風景 [review] (ミレイ)[投票(4)]
★4現代の妙でシリアスな家族の一面。この脚本は痛々しい程に描き貫いていた。若い女性監督の観察眼が鋭すぎる。雪崩で起こる家庭の出来事と、そのはけ口。そして家族の絆。決して甘くない世の中だが…その芯にあるのは温かい気持ち。 [review] (ナッシュ13)[投票(3)]
★4なんだかラストに納得いかず。 2003年11月16日劇場鑑賞 [review] (ねこすけ)[投票(2)]
★4人類史上最大の発明は「嘘」である。 [review] (ねこパンマン)[投票(1)]
★4岸辺のアルバム』を彷彿とさせる家族の偽りの平和と崩壊。良かった。ただ、これはいったい誰の目線で描いた作品だったのかという消化不良が残る。 [review] (sawa:38)[投票(1)]
★4観客に揺さぶりをかけてくる脚本。観てる間中オレの評価も二転三転。[シネ・アミューズ・ウエスト] [review] (Yasu)[投票(1)]
★4西川監督は、いつもラストにハッとさせられる。 (アリ探し)[投票]
★4蛇いちごに至るまでの紆余曲折が、今の時代を写していますね。 [review] (chokobo)[投票]
★4登場人物各々濃いし、それなりに重たいもの抱えていて味有り。母の娘に対する感情はちょっと「それ違うんじゃない?」と思ってしまった。それを除いてしまえば良い意味でとっても人間くさい良き家族モノ映画と感じました。 (レモン汁)[投票]
★4いわゆる「狼少年」の現代版で、大人のための寓話。脚本の良さ、語り口、音楽の使い方など小気味良く、読経にギターのカッティングやパーカションが徐々に被っていくところなんて笑っちゃうほど気持ちいい。ラストの鮮やかさにも拍手を送りたい。 (nob)[投票]
★4みんな、出演者、それぞれ悪を持っていたんだよね。祖父の存在そのもの。父の秘密。母の見殺し。兄は犯罪。恋人の裏切り。妹だけ分からなかったんだけど、最後にやってくれたんだよね。でも、 [review] (セント)[投票]
★3人とは、デタラメなもの。デタラメを許容すまいとする頑なな姿勢は、それ自体がデタラメになりかねない。「出たら目」とは、サイコロの目の事。人生もまた不確定性だらけ。 [review] (煽尼采)[投票(1)]
★3自分の街が出てくる映画は見てて嬉しくなる。でも、同市民としては動物園仕様のモノレールで来て欲しかった所ではある。 [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(1)]
★3二十代(同世代)監督が描く家族の肖像。(レビューはラストに言及) [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(1)]
★3もっと不器用でもいいから、ひとつ何かピンと張られたような強さが見たかった。 [review] (tomcot)[投票(1)]
★3男はつらいよ』に似た兄妹の関係に親しみを感じる部分もあるのだが、リアルでゾっとするような描写とのバランスが悪い。なんだか緊張感のないBGMも浮いているような。 (TOMIMORI)[投票]
★3宮迫の嘘くささが微妙な空気感をもたらしている。どこまで演技なのかはわからないけど、脚本、演出の妙で、その嘘くささが、作品のテーマに紛れてしまっている。 [review] (HAL9000)[投票]
★2演出下手くそか!テンポテンポ! (tacka)[投票]
★2結構上手い作りだとは思うのですけど、とことん合わない素材でしたから… [review] (甘崎庵)[投票]
★2終始つきまとう不快な苛立ちは、物語の持つ不吉なテーマ性のためではなく単なる演出スタイルの欠如が原因。本来、新人監督ならば過剰なまでに発揮されるべき独自性を、まったく感じない。底の浅い脚本を見ても、西川美和監督の将来が不安。 [review] (ぽんしゅう)[投票]
Ratings
5点3人***
4点16人****************
3点21人*********************
2点4人****
1点0人
44人平均 ★3.4(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
フェミニーナ・ジャポネ (けにろん)[投票(4)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「蛇イチゴ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Wild Berries」[Google|Yahoo!]