コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

狂った一頁 (1926/)

A Page of Madness

[Drama/Silent]
製作衣笠貞之助
監督衣笠貞之助
脚本川端康成 / 衣笠貞之助 / 犬塚稔 / 沢田暁紅
原作川端康成
撮影杉山公平
美術林華作 / 尾崎千葉
出演井上正夫 / 中川芳江 / 飯島綾子 / 根本宏 / 関操 / 高勢実 / 高松恭助 / 坪井哲 / 南栄子
あらすじ船員だった男(井上正夫)は、妻(中川芳江)と娘(飯島綾子)を捨てて外国へ渡っていた。数年後に男が帰ってくると、妻は発狂し、精神病院に収容されていた。罪悪感を覚えた彼は、病院の小使になって妻の傍にいることを選ぶ。しかし妻には彼が誰であるか分からない。娘には恋人がいたが、そんな母親のため結婚もできそうにない。いっそのこと3人で脱走して、国外ででも暮らそうと考える男だが…。[59分/モノクロ/スタンダード] [more] (Yasu)[投票(4)]
Comments
全6 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5円谷さんの素晴らしい仕事っぷりも、かなりMadnessです。最高です。ちなみにYasuさんがあらすじで紹介されている『笑わぬ男』は『掌の小説』に入っています。文庫にして6頁の短編なので、ご興味を持たれた方は是非どうぞ。 [review] (tredair)[投票]
★5抑圧という壁と心の障壁の鉄格子。触れそうで触れられず、触れても離れることを強制される鉄格子の存在に、大正時代に横たわる荒波を感じる。受け手が様々な事を想像し物事を考えることによって、作品が“真”に仕上がることを立証した素晴らしい実験映画であり、これが映画の潜在能力を示したそのものだと強く私は思う。 [review] (ジャイアント白田)[投票]
★4どうも、回復を拒む病人ないし彼女を檻の中から連れ出そうとする男の脳内風景だけには還元できない何ものかがありそうだ。『内なる傷痕』を半世紀先取りしていたのか。 [review] (濡れ鼠)[投票(1)]
★3ドイツ表現主義+ルイス・ブニュエルシュールレアリズム+松竹ヌーヴェルヴァーグ+鈴木清順浪漫三部作。[京都文化博物館/サウンド版] [review] (Yasu)[投票]
★3採点不能。見る前にあらすじを知っておかないと、ただでさえ意味不明なものがよりいっそうわけわからなくなるということだけは言える。 (ハム)[投票]
★3日本映画史から長らく抜けていた幻の一頁・・・それは若き衣笠貞之助達が当時持てるだけの映像技巧を駆使して作り上げた、あまりにもヘヴィで病んだ悪夢の頁。 [review] (青二才)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点1人*
3点3人***
2点0人
1点0人
9人平均 ★4.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
映画の教科書〜サイレント再考 (くたー)[投票(22)]バイブル2 (けにろん)[投票(13)]
双葉十三郎が選ぶ日本映画100本 (青二才)[投票(10)]カルト・ムービー集成! (いくけん)[投票(4)]
アヴァンギャルド映画の世界へ (24)[投票(4)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「狂った一頁」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「A Page of Madness」[Google|Yahoo!]