コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ゆきゆきて、神軍 (1987/)

The Emperor's naked army marches on

[Documentary/War]
製作小林佐智子
監督原一男
撮影原一男
出演奥崎謙三
あらすじ”神軍平等兵”を名乗る男、奥崎謙三。天皇に向けてパチンコ玉を発射したり、ヌードポスターを撒いたりと、過激な手段で戦争責任の所在を追及しようとするアナーキストである。そして彼がこの作品で追うものは、戦時中のニューギニアで起こった兵隊同士の殺害食人事件。何人もの事件の関係者にインタビューを試み、時には暴力を振るってまで事件の真相に迫ろうとする。 (ゆーこ and One thing)[投票]
Comments
全80 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ここにあるのは、正義に取り付かれた一人の男の「生き方」ではなく、「生き様」だ。怨念の化身となった男と、その男の情念と結婚した女。そして、文字通り成敗される人間たち。カメラはその是非を問うことなく、状況だけを見る側に投げ出す。思想は後だ! (若尾好き)[投票(6)]
★5奥崎個人の執念(怨念)と狂気には目を見張るものがあり,それを描いただけで映画は成功裡に完結している。しかし・・・ [review] (死ぬまでシネマ)[投票(6)]
★5今村昌平の『人間蒸発』から、時代を超えてこの作品に到達した。映画と真実、フィクションとノンフィクションを超越する作品。びびった。 (chokobo)[投票(5)]
★5人の古傷に塩を塗って、足で踏みつける様を見ているのはこんなに 怖くて嫌なものなのか。和太鼓のドンドコドンドコがトラウマになる映画。 (すやすや)[投票(3)]
★5今村昌平(企画)の傑作でもある。「復讐するは我(神)にあり」のタイトルは本作にこそ相応しい。 [review] (寒山拾得)[投票(1)]
★5リアルハードボイルドであり変則的ハードボイルド [review] (ExproZombiCreator)[投票(1)]
★5激する信念と黙する信念。奥崎の制度破壊をも辞さない過剰な信念の前に、死した者と残された家族の名誉のためか、はたまた自らの護身のためか口をつぐむ元兵士たちの過剰な信念。戦場という状況の過剰さに人生を呪われた男たちの負の信念の対決が痛ましい。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4キャメラのまえで得意になって正義の(神の?)使徒を演じる男。その裂け目。 [review] (ハイタカ)[投票(18)]
★4ドキュメンタリーとしては原一男の映像作家としての狡猾さと作為が見えてペケ。でも観終わった時、殴られたような衝撃と知っておかなければというような使命感さえ芽生えたのは何故か。観たというよりも無理矢理目撃させられたというような作品。 (tkcrows)[投票(7)]
★4神戸に実家がある友達から聞いた話。奥崎謙三の家には天皇の悪口などが書かれた張り紙がペタペタ貼られているそうだが、その中の一枚に「妻、求む」とあったそうだ。なんかケンちゃん、かわいい。 (Linus)[投票(5)]
★4自分の勤める会社内で白装束の奥崎と出会う。某部署を尋ねられ、教えたら名刺をもらった。映画の続きを見ているようでビビった。 (べーたん)[投票(4)]
★4奥崎謙三という凄玉を広く世に問うただけでこの映画は価値がある。監督も観客も、奥崎につきあうだけで精一杯。思想だのテーマだの以前に、この映画自体が「体験」になり得ている。思想は体験には敵わない。 (ペンクロフ)[投票(3)]
★4信念に従って行動するアナキスト奥崎の姿勢に、潔さを感じる。しかし、重い映画だ。家族と一緒でもなく、恋人とでもなく、ひとりで観るしかない。 (丹下左膳)[投票(3)]
★4「ドキュメンタリー」という虚構、「演じる」とは何か、利用される記憶、そういった<猥雑なもの>の集大成。「今回は騙されてみてもいいか」と思える「何か」。 (muffler&silencer[消音装置])[投票(2)]
★4「お前らはロボットか!」と罵られてもダンマリな警官の気持ちが分かる。俺だってあんなやつに例え正論かまされようが、ヤバそうだから関わりたくない。そんな状況が続くハードな2時間。85/100 (たろ)[投票(1)]
★3裁くのは俺だ。 [review] (モモ★ラッチ)[投票(8)]
★3この映画は奥崎の滅茶苦茶さを傍観しているだけであり、一緒になって騒ぎ立てるか、とことん否定して映画そのものを崩壊せしめるかどっちかに依るべきだった。とんでもないおっさんに良く付き合って御苦労さんだけではつまらんだろう。 (けにろん)[投票(5)]
★3う〜ん、噂には聞いていたが、とうとう見た。笑って、泣いて、手に汗握り、ハラハラする。おまけにテンポも良くて、「映画の全てがここにある!」と思ったが、中盤から急速にテンポを失って冗漫に。う〜ん、残念…。ポスターのキャッチコピー「知らぬ存ぜぬは許しません。神軍平等兵、日本列島GO’SOON いつでも過激!どこでも攻撃!」が上手い。['06.8.26新文芸坐] (直人)[投票(2)]
★3きゃー、戦争に行った人って恐い! 自分の悪夢と理想に頭からバリバリと喰われていく男のドキュメント。 (ボイス母)[投票(2)]
★3変わり者のおじさんを延々と見せられるのも疲れます。どうしても共感できませんでした。 (TM(H19.1加入))[投票(1)]
★2衝撃はあるけど、作者がそれに寄りかかってしまっていて、驚愕もしていないし、かといって乗り越えてもなし。なんか、対峙していないように思えるのは、なぜだろう。 (エピキュリアン)[投票(4)]
★2彼の「正義の鉄拳」を「笑いと脂肪」に置き換えるとマイケル・ムーアになる。要はそうゆう事なのだ。 [review] (ピロちゃんきゅ〜)[投票(2)]
★1うわぁ〜、関わりたくねぇ。 ()[投票(2)]
★0赤裸々なようでいて何かが隠されているような気がする。それは、奥崎健三という怪物に対する原一男自身の「迷い」ではないか?(02.01.25@シネ・ヌーヴォ) (movableinferno)[投票(2)]
Ratings
5点63人*******************************.
4点80人****************************************
3点49人************************.
2点11人*****.
1点7人***.
210人平均 ★3.9(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
第二次世界大戦と映画 アジア編 (町田)[投票(14)]ジャパネスクin5大国際映画祭 (けにろん)[投票(11)]
正義と真実を求めて叫べ! (死ぬまでシネマ)[投票(5)]カルト・ムービー集成! (いくけん)[投票(4)]
カタルシス―何も言ふ勿れ。このドキュメンタリーを見よ。 (memeru)[投票(1)]ズシリと来るバカ映画 (STF)[投票(1)]
悩んだ映画 (りゅうじん)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「ゆきゆきて、神軍」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Emperor's naked army marches on」[Google|Yahoo!]