コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

忠臣蔵外伝四谷怪談 (1994/)

[Drama]
製作櫻井洋三
監督深作欣二
脚本深作欣二 / 吉田求
撮影石原興
美術西岡善信 / 丸井一利
音楽和田薫
出演佐藤浩市 / 高岡早紀 / 蟹江敬三 / 荻野目慶子 / 石橋蓮司 / 渡辺えり子 / 近藤正臣 / 真田広之 / 田村高廣 / 名取裕子 / 火野正平 / 菊池麻衣子 / 六平直政 / 津川雅彦 / 渡瀬恒彦
あらすじ赤穂浪士・民谷伊右衛門(佐藤浩市)は湯女のお岩(高岡早紀)と出会い、2人は同棲を始める。浪人生活の中、伊右衛門の心から仇討ちの志は徐々に薄れていく。そんな時、かつて暴漢から救い出した吉良家の家臣・伊藤喜兵衛(石橋蓮二)の孫娘・お梅(荻野目慶子)が伊右衛門に一目惚れ。喜兵衛は伊右衛門にお梅との祝言を望む。貧しさに嫌気が差していた伊右衛門は喜兵衛の誘いに乗る。伊右衛門の心をお岩から引き離すため、喜兵衛達は密かに毒を宅悦(六平直政)を使ってお岩の元に届け、伊右衛門からの安産の薬と聞かされたお岩は喜んで毒薬を飲んでしまう。その途端お岩は子供を流産し顔は醜く崩れ、宅悦から伊右衛門の裏切りを聞き…。 (紅麗)[投票]
Comments
全35 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5このトラウマは消そうたって簡単には消えない。さらに、この類い稀なる妖しい映像を撮ったのが深作欣二という事実が批評家をそして私を混乱の渦に巻き込むのだ。 [review] (sawa:38)[投票(4)]
★4忠臣蔵』にせよ『四谷怪談』にせよ大概にして欲しいという何の新鮮味もない題材で、しかもその2つを合体させると言う臆面の無さが素晴らしいと言えば素晴らしい。佐藤浩市の何とも言えぬ虚無的風情は見所。 (けにろん)[投票(3)]
★4主役は高岡早紀のチチじゃないのよ!そのチチをわしづかみにした佐藤浩市なのよ!!!!→ [review] (picolax)[投票(3)]
★410年近く前、フカサクも知らないような女子高生の時に観た。ちゃちいんだか凄いんだかやり過ぎなんだかエロいんだか佐藤浩市が格好いいんだか悪いんだか、観ていて良くわからなくなった。度肝を抜かれてぽかんとした。2004.12.23 (鵜 白 舞)[投票(2)]
★4非常に強引な結びつけではあるが、ひとつひとつのエピソードが適度に湿っていて丁寧に作った印象を受けた。それらが全てまとまるには多少無理があったものの、それでも豪華かつちゃんと演技のできる役者の布陣で成功した。荻野目慶子はこういう役をやらせると巧い。 (tkcrows)[投票(1)]
★4高岡早紀のおっぱい以外覚えてない。それほどインパクトあるモノでございました。 (STF)[投票(1)]
★4深作欣二の派手な演出が題材に合ってる。特に後半。ただ本当の恐怖への誘惑は抑制あってこそなんだよね。この監督はそこが上手く出来ない。 (----)[投票]
★3むき出しの高岡が外形の「奇」で魅せるならば、奇態を呈す荻野目は、内面の「奇」で対抗する。 この奇妙なアンサンブルが功を奏し、六平・渡辺・蟹江と続く百鬼夜行めぐりも相俟って最後まで 飽きさせはしない。 (山ちゃん)[投票(2)]
★3後半のお岩(高岡早紀)のピュアな存在感と巫女的役割を考えれば、前半その心情をもっと丁寧に描く必要があった。それでこそ、浪士としての忠誠心と虚無感の間で揺れる伊右衛門(佐藤浩市)が引き立ち、ラストでの四十七士と二人との対峙が生きる。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3こんなに怖くないというか笑える四谷怪談は初めてだ。たぶん乳の所為だと思う(お約束)。ビヨヨヨ!グハァッ!カドカワかよォ!! (ピロちゃんきゅ〜)[投票(1)]
★3見よ、この「おっぱい」に言及しているコメント群を!(tkcrows様の『スペースバンパイア』のコメントからいただきました)。しかし、おっぱいは素晴らしい! おっぱいバンザーイ! (ゆーこ and One thing)[投票(1)]
★3深作欣二より高橋留美子が適任か。高岡早紀の健闘ぶりに+1点。 (おーい粗茶)[投票(1)]
★3本当に「お岩大爆発!」 [review] (ボイス母)[投票]
★3地獄の黙示録』のワルキューレもずるいけど、カルミナ・ブルナを映画音楽に使うのは反則。 (もがみがわ)[投票]
★3映画としては素直に楽しめました、面白い。でも、小劇場劇団の舞台ならともかく、大深作が撮った松竹100周年記念としては、奇をてらいすぎ。白塗り、お歯黒、幽霊話……偉大なるサブカル映画。 (かける)[投票]
★2桜に梅を接木してみましたが何の花も咲きませんでしたという映画。(03.09.17@シネ・ヌーヴォ) (movableinferno)[投票(2)]
★2これも深作欣二監督らしさ。彼にとっては怪談だろうが叙情的な話であろうが、最後は絶対にアクションに持って行くことになります。 [review] (甘崎庵)[投票]
★2渡辺えり子蟹江敬三の顔しか思い出せない。一体なんだったんだ? (ユキポン)[投票]
★2高岡早紀の乳房の美しさに感動した。あのヘボい特殊メイクより、100倍はインパクトがありました。 (アリ探し)[投票]
★2つまらなかったので途中で寝てしまい、肝心な場面を見損なったような気がする。でも『忠臣蔵』と『四谷怪談』をくっつけるのは無理があるんじゃないか? (熱田海之)[投票]
★1わからん。何故この映画は高評価を得たのか?高岡早紀の超能力発動には笑ったが、まさかコメディとしての評価じゃないだろうな。 (イリューダ)[投票]
Ratings
5点3人***
4点25人*************************
3点36人************************************
2点22人**********************
1点5人*****
91人平均 ★3.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
あなたのコメントに10票! (ピロちゃんきゅ〜)[投票(8)]怪 談 (AONI)[投票(3)]
女性のオ・カ・ズ!? (にゃんこ)[投票(2)]わたしのお気に入り (おーい粗茶)[投票(2)]
遅かりし由良助! (死ぬまでシネマ)[投票(1)]愛すべき悪役たち (紅麗)[投票(1)]
日本アカデミー賞最優秀賞受賞リスト (ハイズ)[投票(1)]
Links
検索「忠臣蔵外伝四谷怪談」[Google|Yahoo!(J)|goo]