コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

最後の人 (1924/)

Der Letzte Mann
The Last Man

[Drama]
製作エリッヒ・ポマー
監督F・W・ムルナウ
脚本カール・マイヤー
撮影カール・フロイント / ロベルト・ババルスケ
美術ロベルト・ヘルルト / ヴァルター・レーリッヒ
音楽ジュゼッペ・ベッチェ
出演エミール・ヤニングス / マリー・デルシャフト / マックス・ヒラー / エミリー・クルツ / ハンス・ウンターキルヒャー
あらすじ ベルリンの一流ホテルのドアマンとして働く初老の男エミール・ヤニングスは、金ぴかの制服で家に帰り、制服好きな近所の人々の尊敬を集めるのだった。しかし、客の荷物を持ち上げられない現場を見られた男は、トイレ掃除の係りに格下げとなる。制服を盗んで近所への申し訳にする男。しかし...ドイツ公開版では悲劇だった結末が、ハリウッドでハッピーエンドに変更されたという曰く付きの映画。 (りかちゅ)[投票]
Comments
全10 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5云うまでもなく「回転」と「ドアー」はきわめて映画的な運動と細部であり、したがって巻頭第二カットをはじめとして独創的な撮り方で「回転ドアー」をフィーチュアしたこの映画はそれだけですばらしいのだが、それにとどまらず全カットが評言を加えてみたくなる、しかしそんなものはいっさい必要としない強い画面である。 [review] (3819695)[投票(2)]
★5映画史でも早いもの勝ちということがある。ラストの混乱は期待の地平を逸脱して抜群にカフカ的であり、以降この手法は本作の二番煎じと呼ばれるだろう。お仕着せ着たエミール・ヤニングスは明らかに「変身」の父親だ。 (寒山)[投票]
★4誇張による風刺劇、とも。現代に通じるものもある。 [review] (24)[投票(3)]
★4窓とドアの映画。多分全体の9割以上のカットで窓かドアが映っている。 [review] (ゑぎ)[投票(2)]
★4無字幕サイレントとしても知られるが、まさにどこまでも「観れば解る」映像。ムルナウの技巧は当時の人には目を奪う魔術かもしれないけど、その魔術は映画が映画であるための本質に根差している。 [review] (くたー)[投票(1)]
★4ヤニングスは悪人顔だからこそ、こういう役が映えたりする。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4冷たいようだが、米版より独版の方が良い。米版はピーンと張りつめて来たものを壊しているように思う。原題も“letzte mann”で・・・、 [review] (KEI)[投票]
★4当時40歳ぐらいのはずなのに、どう見ても老人に見えるエミール・ヤニングスの大げさ演技が素晴らしい。 (kenichi)[投票]
★4重厚なドイツ映画らしいドイツ映画。でも、ハッピーエンドの方が好きです。 (りかちゅ)[投票]
★4栄華を誇っていた主人公が一転して転落の人生に。それは第一次大戦で強国の誇りを打ち砕かれ、債務国に落ちぶれたドイツ帝国にそのまま重なる。[Video] [review] (Yasu)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点13人*************
3点3人***
2点0人
1点0人
21人平均 ★4.1(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
映画の教科書〜サイレント再考 (くたー)[投票(22)]四方田犬彦が選ぶ、「世界映画史の113本」 (バーボンボンバー)[投票(18)]
キネマ旬報増刊 映画史上ベスト200シリーズ掲載作品一覧 (寒山)[投票(6)]埋もれるな (バーボンボンバー)[投票(5)]
第2位の歴史 外国映画篇 (ナム太郎)[投票(4)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「最後の人」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Last Man」[Google|Yahoo!]