コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

桃中軒雲右衛門 (1936/)

[Drama]
監督成瀬巳喜男
脚本成瀬巳喜男
原作真山青果
撮影鈴木博
美術北猛夫
音楽伊藤昇
出演月形龍之介 / 細川ちか子 / 千葉早智子 / 藤原釜足 / 伊藤薫 / 三島雅夫 / 市川朝太郎 / 小杉義男 / 御橋公 / 伊達信
あらすじ東上する汽車の中に浪曲師・桃中軒雲右衛門一座がいる。しかし雲右衛門(月形龍之介)は憂愁に沈んでいる。突然静岡で下車するとふいと姿をくらましてしまった。三味線弾きのお妻(細川ちか子)と手に手をとって都落ちしたのは過去の話、今は東京での凱旋公演の途上にあるというのに。その夜、捨てた先妻の子・泉太郎が訪ねてくる。快く会ってやる雲右衛門だが、同時に『俺は傷だらけの人間だ。忘れるな』と厳しく釘を刺すのだった…。東京公演は大成功を収め雲右衛門は一躍名士となるが、彼の我儘・放蕩は拍車が掛かる。若い芸者・千鳥(千葉早智子)を囲いお妻を蔑ろにする。周囲の人々は傷つくばかりなのだった…。[白黒70分] ()[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★4雲右衛門の下から這い上がってきて生まれた覚悟が凄まじい。こうで無ければ芸など出来ない男。厳しい、辛い映画。 (----)[投票]
★4月形龍之介が恐ろしいほどかっこよい。芸人かくあるべし。そして映画かくあるべし。千葉早智子は和服が似合う。 (AKINDO)[投票]
★3これは断然細川ちか子の映画である(自己陶酔男ではない)。崩れた着こなしと濃い化粧。奈落を見ている眼差し。『シド・アンド・ナンシー』のナンシーは彼女がやるべきだったのだ。 ()[投票(1)]
★3ナルセの珍しい極右的題材だが生煮えで、芸のためなら女房も泣かす春団治系噺に過ぎない。月形の悲憤慷慨な造形は鮮やかだが、なぜ彼はそうするのか肝心の処が語れていない。 [review] (寒山)[投票]
★3”最期の志士”然とした月形龍之介の風貌、彼の屋敷に掛かる”そり橋”の装置には驚いたが、映画自体は大して面白くない。そこに含まれる芸人魂の是非はともかくも、台詞や主張が多過ぎて・・・。『ジャズ・シンガー』風のサクセスストーリでも良かったんじゃないかな。 (町田)[投票]
Ratings
5点0人
4点2人**
3点6人******
2点0人
1点0人
8人平均 ★3.2(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
Links
検索「桃中軒雲右衛門」[Google|Yahoo!(J)|goo]