コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

有りがたうさん (1936/)

Mr. Thank You

[Drama]
監督清水宏
脚本清水宏
原作川端康成
撮影青木勇
衣装柴田鉄蔵
出演上原謙 / 石山隆嗣 / 仲英之助 / 桑野通子 / 築地まゆみ / 二葉かほる / 河村黎吉 / 忍節子 / 谷麗光 / 小倉繁 / 河井君枝 / 爆弾小僧
あらすじ伊豆の港町から峠を越えて二十里の道のりを行く定期バスの青年運転手(上原謙)。狭い道を走るバスに道を譲ってくれる街道の人々に「ありがとー」と声をかけることから、青年は皆から「有りがとうさん」と呼ばれ親しまれていた。今日の乗客は、流れ者の水商売女(桑野通子)に立派な髯の中年紳士(石山隆嗣)、なかでも目を引くのは借金の形に売られていく娘(築地まゆみ)と母親(二葉かほる)だ。おりからの不況で車中の会話も愚痴まじりで暗くなりがちだ。街道は様々な人々が行きかい、人気者「有りがとうさん」は、馴染みの旅芸人や村の娘たち、朝鮮人の土木労働者から、あれこれ頼みごとを託されるのだった。(78分/白黒) (ぽんしゅう)[投票]
Comments
全13 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5これも「終わらなければいい」と思いながら見る映画だ。本当にオンリー・ワンの映画ではないか。本作に似た映画が思い浮かばない、いやこのような演出をどうやれば創出することが出来るのだろう。短いディゾルブとフェードでどんどんカットを繋いでいくこのリズム感と幸福感の創造は空前絶後だ。 [review] (ゑぎ)[投票(7)]
★5こんなにも車窓からの情景を多用した映画を私は知らない。車中で交わされる会話に透ける生き難さの心象として、峠越えの勾配や距離感に人生の厳しさや困難を、さらに街道を行き来する人々の姿にひた向きに生きる者の力強さが「温もり」と共にさらりと写し込まれる。 [review] (ぽんしゅう)[投票(2)]
★5乗り合わせた人、追い抜く人、すれ違う人、下車して行く人 [review] (たいへい)[投票]
★5作られた当時は野心作と呼ばれ(チラシにそうある)、やがて傑作といわれ('95年のキネ旬オールタイム日本映画ベストで91位)、いつしか時代の流れと共に「幻の名作」と呼ばれるのではないかと思う。 (KEI)[投票]
★4これはグランドホテル形式のロードムービーというのだろうか。 こんな素敵な映画を「ありがとー」と言いたくなる。 [review] (TOMIMORI)[投票(2)]
★4これは愛さずにはいられない傑作。バスの“パプパプー、パプパプー”というトボけたクラクションや、観光気分の能天気な劇伴、「ありがとおー」のかけ声の、折り目正しい朗らかさ。それらと見事な明暗を成す、経済的などん底状況。 [review] (煽尼采)[投票(2)]
★4ともすれば冗長に感じてしまいそうな展開も、斬新なカメラワークがストーリーに引き込む。 [review] (づん)[投票(1)]
★4実験的な作品だが、不思議なくらいにすがすがしい好作。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4大胆さと細心さが共存するとても運動神経の高い映画。アドリブのようでありながらスクリプトがしっかりしていないとこの映画を撮りきるのは不可能だ。絵コンテも緻密だったろう。漂泊者としての人間の哀感が、ドラマ臭くならない演技によって自然ににじみ出てくる。 (ジェリー)[投票]
★4女から執拗に罵られるヒゲ親父。情けなくてよかった。 (太陽と戦慄)[投票]
★3これは贅沢な映画だと思う。なんて「のほほん」としているんだ〜。あのバスに乗りたかった。 (あちこ)[投票]
★3登場人物がみなそう言うのだから、とにかくこの昭和11年という年はとんでもなく不況だったに違いない。だがこの悠悠たる風情! (G31)[投票]
★3山道をひたすら進むバス。のどかなもんだ。役者がみんなセリフ棒読みなのはこの際よしとしよう。[Video] (Yasu)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点15人***************
3点6人******
2点1人*
1点0人
27人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
とある邦画女優ベスト10 (寒山)[投票]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「有りがたうさん」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Mr. Thank You」[Google|Yahoo!]