コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

深呼吸の必要 (2004/)

The Necessity of Deep Breathing

[Drama]
製作総指揮遠谷信幸 / 高野力 / 黒坂修 / 熊田忠雄
製作坂上直行 / 久松猛朗 / 川城和実 / 安田匡裕
監督篠原哲雄
脚本長谷川康夫
原案長田弘
撮影柴主高秀
美術都築雄二 / 浅野誠
音楽小林武史
衣装小川久美子
出演香里奈 / 谷原章介 / 成宮寛貴 / 金子さやか / 久遠さやか / 長澤まさみ / 大森南朋 / 北村三郎 / 吉田妙子
あらすじ沖縄の「きび刈り隊」は、収穫期恒例のアルバイトだ。二月下旬、寝食を共にする若者たちが、ひたすらきび刈りに全力を傾ける。今年のアルバイターは、事務の派遣社員香里奈、シラけた態度の大学生成宮寛貴、ブランド品で全身を固めた金子さやか、口をつぐんで素性を話さない長澤まさみ、一番の年長者谷原章介の五人である。彼らを平良家の人々が迎え、先輩の大森南朋は七万本の砂糖きびを三十五日で刈らねばならないと告げる。だが能率は一向に上がらず、平良家の隣人であった久遠さやかが加わるのだが、ここで致命的なアクシデントが起こってしまう。〔松竹/123分/カラー/シネスコ〕 (水那岐)[投票(2)]
Comments
全33 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5おばあ(吉田妙子)の話し方や気遣いに含まれる優しさだけじゃなくって、冒頭のプールのカルキ臭やキビのざわめき、島の風の匂いとか油味噌入りのおにぎりの味までも伝わってくる、いい映画。変に恋愛絡ませたりしない設定。こういうの、好き。特にこういうところが好き。 [review] (IN4MATION)[投票(9)]
★5とかく懸命に、完璧に物事を成そうとして、僕らは焦る。その結果成功すれば安堵するだけだし、失敗すれば落胆して癒し切れない傷を背負い込むことになる。駄目だっていいじゃないか、と嘯き、深く息を吸い込んで吐く。それだけで焦りも虚栄心も何処かへ吹き飛び、僕らは物事を愉しめる余裕を得ることができるのだ。 (水那岐)[投票(7)]
★5現代の『裸の島』。映画の行間を支える見事な“手さばき”。 (reviewはネタバレの限界に挑戦) [review] (ペペロンチーノ)[投票(6)]
★5エアーキャップ [review] (芋虫)[投票(5)]
★5深呼吸をする度、男でも女でもなく「人間」を取り戻していく若者たち。きびを刈っているシーンばかりなのにどうしてこう映画が終盤に向かうのが寂しいのだろう。このヒットするはずもない企画を通した人たちに乾杯。「間」と抑えた台詞が素晴らしい。本人が気づいているかどうか、長谷川康夫の本領はエンタメではなく確実にこちら側。良い作品に出会えた。 (tkcrows)[投票(4)]
★5南の島で起こった、ひとつの小さな「奇跡」の物語。 [review] (林田乃丞)[投票(3)]
★4黍刈り、飯食い、睡眠・・・の繰り返しに飽きが来ない驚きの演出。若者7人が、いい汗掻いて、うまい飯食って、ぐっすり寝る。 合間を見て語り合う。 そして、困ったときは、深呼吸すりゃ 何とかなるさ〜 そんな映画。 [review] (スパルタのキツネ)[投票(8)]
★4この過不足の無い仕上がりに文句のつけようも無い。だけれども・・ [review] (sawa:38)[投票(6)]
★4いい映画ですね。ロングの使い方がとても上手です。「やさしさで人は強く逞しくなれる」ことを教えてもらった気がします。 [review] (K-Flex)[投票(2)]
★4この映画を見ると会社や学校を辞めて「キビ刈り」をしに沖縄へ行きたくなるという衝動に駆られる副作用がありますので、鑑賞のしすぎに注意しましょう。 [review] (nob)[投票(2)]
★4朝日と共に起き、働いて食べる、そして働く。食べ物達が美味しそうな映画で、私のお腹は鳴りっぱなしだった。俳優全般の顔が後半には、素敵な顔になっていくのは演技+本物の充実感なんだろうな〜って思える。 [review] (わわ)[投票(2)]
★4深呼吸の必要とは、目標に向かわないことの必要、かも。 [review] (おーい粗茶)[投票(1)]
★3サトウキビ畑という学校で汗を流す5人の生徒たち。先生役は田所が務める。(おじいはさしずめ校長か?)[シネ・リーブル池袋2] [review] (Yasu)[投票(4)]
★3ナビィの恋』+『ブレックファスト・クラブ』ではない。 [review] (kaki)[投票(3)]
★3なんか熱くなりそうでいて、でも沸点には決して達しないゆるゆる映画。 (_)[投票(3)]
★3抱えている障壁を登場人物たちに全て語らせるような事をせず(ちょっと浮世離れしてるけど)、まるでキビを刈るかの如く黙々と真摯にフィルムに刻み込む。南国の島に吹く風のほうが涼しく感じるような東京の現実は、確実に間違っているな。 [review] (chilidog)[投票(2)]
★3過疎地での農業はたいへんだ!!で良いんですかね [review] (夢ギドラ)[投票(1)]
★3古典的プロットとオーソドックスな演出に支えられたこの映画に、「今」を感じる要素があるとすれば若者たちが、終始一貫して互いにとり続ける周りへの心身的距離。誰も他者の領域に踏み込もうとせず、誰ひとり他者の言葉に説得された分けではないところ。 [review] (ぽんしゅう)[投票(1)]
★3主役の香里奈の人間像が一番つまらない。 (みか)[投票]
★3よかったのはおじいとおばあだけじゃない?? [review] (あちこ)[投票]
★3人物描写の比重が偏ってる気もするが、篠原らしさが良い方向に出てはいる。沖縄に助けられてるのは否めないが。金子さやかがブスだし、谷原章介ってなんか嫌い。顔も演技も古臭いんだよね。成宮寛貴も相変わらず何かが納得いかない。最近連続で3本観たが、大森南朋の演技は嫌い。['05.3.26京都みなみ会館] (直人)[投票]
★2一歩間違えれば「あいのり」になってましう?若者の集団生活の映画です。 (Muff)[投票]
★1日本伝統の体育会系。現実ではそれが当たり前かもしれないが映画はエンタテイメントなんだから夢を見せてナンボの世界じゃないのか。ひと夏の青春群像劇として好評だが毎日厳しい現実と向き合ってるのだからせめて映画では夢を見て明日を信じたい。ちなみにドラマの主役級が大勢出演してるのでキャスティングは悪くない。 (HILO)[投票]
Ratings
5点16人****************
4点17人*****************
3点25人*************************
2点3人***
1点1人*
62人平均 ★3.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
走る映画 (スパルタのキツネ)[投票(17)]次点の歴史 日本映画篇 (ナム太郎)[投票(7)]
この女優のあの顔−【観ずに死ねるか】− (IN4MATION)[投票(6)]ビバ!夏!夏!夏!夏! (リア)[投票(5)]
日本映画、がんばれ! (モモ★ラッチ)[投票(4)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「深呼吸の必要」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Necessity of Deep Breathing」[Google|Yahoo!]