コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

父と暮せば (2004/)

The Face of Jizo

[Drama]
製作石川富康 / 川城和実 / 張江肇 / 金澤龍一郎 / 松本洋一 / 鈴木ワタル
監督黒木和雄
脚本黒木和雄 / 池田眞也
原作井上ひさし
撮影鈴木達夫
美術木村威夫
音楽松村禎三
衣装宮本茉莉
出演宮沢りえ / 原田芳雄 / 浅野忠信
あらすじ広島に原爆が落ちて以来三年。美津江(宮沢りえ)は図書館に勤めながら、おのれひとりが無傷で生きていることに負い目を感じるように、ひっそりと生きてきた。そんな彼女が、図書館をたびたび訪れる大学助手・木下(浅野忠信)を想いながら、その感情を押し殺していることに業を煮やした父・竹造(原田芳雄)は、亡霊となって娘の前に現われる。美津江の「恋の応援団長」を自認する竹造はあるいはユーモラスに、あるいは力強く娘を励ます。だが、「自分は幸せになってはいけない」と思い込む美津江は、頑として父の助言を聞き入れないのだった。〔99分/カラー/ヴィスタ〕 (水那岐)[投票(1)]
Comments
全32 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5静かで、そして声高に叫ぶことはしないが、それでもなお、言わずにはいられない、二度とこのような悲劇を人間の手で繰り返してはならないという願いだけははっきりと伝わってきた。名作と呼ぶにふさわしい映画。 [review] (シーチキン)[投票(5)]
★5いつか、「ヒロシマは再生のシンボルだ」と言って、イラクへ帰っていった小児科医のことを思い出した。これまでも、これからも反戦のシンボルであり、再生のシンボルでなければならない。そうありつづけるために、私たちには責任があるのだと強く思う。 [review] (kazby)[投票(5)]
★5父は元気のない娘を幸せにするために出てきたのではない。 [review] (寒山)[投票(4)]
★5宮沢りえは基本的に「生真面目」な芝居をする女優で、その彼女に、もともとどこか「トボけた」芝居が身上で、年令を重ねて「滋味」を幾分加えた、味わいを見せるようになった原田芳雄を据えた事が、まず成功。いつまでもいつまでもこの二人は、ずっとあの場所で話をしているのではないかな。 半永久的にフリーズドライパックして、夏の季節に噛み締めて観る映画ですね。 (takud-osaka)[投票(4)]
★5舞台劇のようなやりとりがあえて世界観を作り出していて、それに引き込まれていった。原爆の恐ろしさをあまり知らない私に、静かに悲しさを教えてくれた。 (あちこ)[投票(2)]
★5美術の功績が大きいと思う。(05・12・11) [review] (山本美容室)[投票(2)]
★4原爆を描きながらこれ見よがしに(下品に)ならないストーリー。宮沢りえの清冽と原田芳雄の不器用な暖かみはそれだけで我々の琴線にふれる確かな力をもつ。それだけに黒木和雄の老婆心が作品のプラスになっていない点が惜しまれる。〈04年9月1日付記〉 [review] (水那岐)[投票(7)]
★4不器用だが真摯な演者のエネルギーがぶつかりあった異色作。ローカルに徹してグローバルにいたる貴重なメッセージに耳を傾けよ。執拗なくらいの長回しとそこここにさしはさまれる「物」たちのショットの声なき主張が作品のエモーションを強烈に押し上げてくれている。 (ジェリー)[投票(5)]
★4語るべき物。物語る力。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(4)]
★4「おとったん」なんて呼んでくれる娘がいたら自分も化けて出てくると思う。 (TOMIMORI)[投票(4)]
★4ラスベガスに核実験博物館が開館したと言うニュースを見た数日後に本作を見に行ったので、尚更心打たれるものがありました。 あと数十年もすれば第二次世界大戦の被爆者が居なくなってしまう。 被爆の悲惨な実態を知る者が減り、戦争がゲーム感覚になってしまわない様に、本作の様な戦争モノの秀作を沢山造り、世に残して欲しい。受け継いでいかなくてはならないと痛切に思いました。 [review] (リア)[投票(4)]
★4ほぼ全編宮沢りえ原田芳雄の二人芝居。演技力が無ければダレる所だが、レベルの高い演技で最後まで目が離せない。りえ原田、共に受賞も納得。ラストが少々甘いがメッセージ性は充分だし、かなり泣ける。もっと世に広めるべき作品。['05.1.8京都シネマ] (直人)[投票(4)]
★4懸命にけなげに美津江を演じる宮沢りえの姿に演技くささを超えたものを感じた。原田芳雄の優しさと親心が滲み出る演技と上手く対をなしている。原爆映画の秀作。4.0点。 [review] (死ぬまでシネマ)[投票(4)]
★4自分の存在自体が傷となってしまった美津江(宮沢りえ)の凛とした振る舞いが痛々しく、父の思いが死者からの願いへと代わる竹造(原田芳雄)のパッションが心を打つ。そして、伝えたいことがなかなか伝わらない黒木和雄の焦り。 [review] (ぽんしゅう)[投票(3)]
★4舞台劇のような宮沢りえ原田芳雄のやりとりが、はじめは慣れなかったが、テンポに慣れてくると心地いい。淡々とした語り口からでてくる父と娘のやりとり。 浅野忠信の無口な役柄といい、全体的に静かな雰囲気が、かえってメッセージ性を強める。ドラマ性を排した大胆な設定が、斬新でそれが成功していると感じた。じわじわと鑑賞後、胸にあたたかいものが広がる映画だ。 (ことは)[投票(2)]
★4なぜか、映画の原始的な楽しさを味わえた。基本的には2つの表情しかない宮沢りえの、その切り替えの凄みと、原田芳雄の変わらぬ若々しさには圧倒される。 (動物園のクマ)[投票(2)]
★3アノ地獄絵図をファンタジーというオブラートで包んではみたが、そこかしこで怒りと悲しみの棘がソレを破り鬼の形相で顔を出す。監督の熱い想いがやや重過ぎるのか?黒木監督ならば、もう一包みオブラートで包む技量があるだけに残念である。 (sawa:38)[投票(3)]
★3静かではあるが力強く心に訴えるメッセージは、永遠に語り継ぐべきもの。が、「映画」としてはどうか。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★3この映画で素晴らしいのは脚本や役者の演技であって、映画そのものではないと思う。2005.7.30 [review] (鵜 白 舞)[投票(2)]
★3りえの「おとたん」には泣けるし原田の包容力と慈愛も十全。ジャンケンを巡る挿話は催涙装置がMAXに機能する。だが展開の妙はさほど無く結局は原爆惨禍のメッセージばかりが前に出る。トリッキーな2人芝居の仕掛けは何だったかとも思えるのだ。 (けにろん)[投票(1)]
★3饅頭の話はもうやめてちょんだいのっ!  [review] (IN4MATION)[投票]
★3監督の真摯な思いに打たれると同時に、ちょっと説教臭くもある。 (赤い戦車)[投票]
★2戦争への思いは伝わってくるが、生来的に肌に合わなかった。 [review] (irodori)[投票]
Ratings
5点17人*****************
4点33人*********************************
3点17人*****************
2点1人*
1点0人
68人平均 ★4.0(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
お手軽サイズ(100分以下)の作品集 (スパルタのキツネ)[投票(24)]第二次世界大戦と映画 アジア編 (町田)[投票(14)]
最後のアウトロー 追悼、原田芳雄 (ぽんしゅう)[投票(11)]舞台が好き!〜舞台劇を原作にした映画たち (イライザー7)[投票(7)]
40年のバカ騒ぎ (けにろん)[投票(6)]ヒロシマ・ナガサキ (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
決定版! 夏休み映画傑作選 [by死ぬシネ] (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「父と暮せば」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Face of Jizo」[Google|Yahoo!]