コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ビリディアナ (1961/スペイン)

Viridiana

[Drama]
監督ルイス・ブニュエル
脚本ルイス・ブニュエル / フリオ・アレハンドロ
撮影ホセ・フェルナンデス・アグアーヨ
出演シルヴィア・ピナル / フェルナンド・レイ / フランシスコ・ラバル
あらすじ修道院で暮らしていた若く敬虔なビリディアナは、修道女誓願式を目前に控えたある日、経済的援助を受けている伯父の屋敷に呼び出される。疎遠にしている伯父に会うのは気が引けるものの田舎の領地に向かったビリディアナは、その美しさゆえに彼に見初められてしまい…。どんな目にあってもあくまで信仰の道を歩もうとするビリディアナと、そんな彼女の思いをあざ笑うかのようなかなりブラックなエピソードの数々。ブニュエルに言わせれば「ビリディアナはスカートを履いたドン・キホーテなのだ。」であるらしい93分。 (tredair)[投票]
Comments
全5 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5ビリディアナ(シルビア・ピナル)の無垢な美貌が輝けば輝くほど俗欲はかきたてられ、献身の純度が増せば増すほど怠惰な依存は深まる。ブニュエルの分かりやすい語り口に心地よくのせられる私は俗人の極み。彼女の“気づき”の気配が、さらに俗人の快感を誘う。 (ぽんしゅう)[投票(1)]
★4物語は単純というかあまりにわかりやすいのだが、あいかわらずの足フェチぶりや十字架型ナイフ、なわとび三段活用(跳ぶ、吊す、縛る)、つながれた犬、乳搾り等の扱いがおもしろい。シルビア・ピナルのうつろな美貌も素敵。 [review] (tredair)[投票(3)]
★4シルヴィア・ピナルの美しさに見惚れているだけで物語の辻褄合わせには全く興味が無くなってしまう。夢遊病を示す部分や馬車に曳かれる犬を買う部分は何だったんだろうと思うが、こういう放りっぱなしもブニュエルらしさ。しかしきちんと使われる伏線は見事。特に縄跳び紐の使い方はちょっと無いほど衝撃的。 (ゑぎ)[投票]
★3シルビア・ピナル [review] (ころ阿弥)[投票]
★3素晴らしくロジカルに展開していく反カトリックなアンチモラリズム…ではあるが終盤の突発的カタストロフに至る劇的緊張が明確に形成されてるとは言い難い。明晰な撮影と演出ではあるが正直中盤はかったるい。惜しい。 (けにろん)[投票]
Ratings
5点3人***
4点6人******
3点5人*****
2点0人
1点0人
14人平均 ★3.9(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
カンヌ国際映画祭最高賞(パルムドール)受賞リスト (ハイズ)[投票(24)]欧州映画のスゝメ (tredair)[投票(16)]
ブニュエル翁に煙にまかれて (tredair)[投票(14)]世界の国の“地下室”からコンニチワ(ATG映画:洋画編) (リーダー)[投票(7)]
Links
IMDBThe Internet Movie Database
検索「ビリディアナ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Viridiana」[Google|Yahoo!]