コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

ある日わたしは (1959/)

[Drama]
製作金子正且
監督岡本喜八
脚本岡田達門 / 井手俊郎
原作石坂洋次郎
撮影飯村正
美術村木与四郎
音楽佐藤勝
出演上原美佐 / 宝田明 / 水野久美 / 山田真二 / 宮口精二 / 三宅邦子 / 上原謙 / 沢村貞子 / 手塚茂夫 / 星由里子 / 田村まゆみ / 横山道代
あらすじ大学の応援会で、これは後援の某議員の売名行為ではないかと学生・金子(宝田明)は言い放った。それに対し控え目な矢吹(山田真二)はやんわりと反論したが、彼の幼なじみのゆり子(上原美佐)は金子に同意の意見を口にする。金子とゆり子の仲は急速に接近し、矢吹はそれに嫉妬の念を露わにするのだった。そしてゆり子の友人秀子(水野久美)はそれを承知で矢吹を誘惑し、彼のゆり子への未練を振り払わせようとする。それをよそに、金子と恋仲になってゆくゆり子を、母(三宅邦子)は複雑な思いで見つめるのだった。岡本喜八監督曰く、「私の唯一のメロドラマ」。〔104分/カラー/東宝スコープ〕 (水那岐)[投票]
Comments
全3 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★3水野久美の小悪魔ぶりが最高だが、全体的には古風な貞操観で物語が停滞し、ちょっとスローペースな印象を受ける。これは演出のせいではなく、石坂洋次郎の風化した原作ゆえでもあり、またそれ以上に上原美佐のエンドレス棒読みの為せる業である。 (水那岐)[投票(2)]
★3これが初主演となる上原美佐の体さばきと台詞回し!日本映画史上屈指の大根演技を満喫した。ただ、だからこそ喜八の奮闘に目が行く。 [review] (町田)[投票(2)]
★3若者たちの話に留めるかと思いきや、父母の昔話にまで手を広げるとは少し欲張り過ぎであろう。上原美佐の棒読みが水野久美に伝染しているような気もする。 (TOMIMORI)[投票(1)]
Ratings
5点0人
4点0人
3点4人****
2点2人**
1点0人
6人平均 ★2.7(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
ある何か ()[投票(3)]
Links
検索「ある日わたしは」[Google|Yahoo!(J)|goo]