コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

バットマン ビギンズ (2005/)

Batman Begins

[Action/Adventure]
製作総指揮ベンジャミン・メルニカー / マイケル・E・ウスラン
製作ラリー・J・フランコ / チャールズ・ローブン / エマ・トーマス
監督クリストファー・ノーラン
脚本クリストファー・ノーラン / デビッド・S・ゴイヤー
原案デビッド・S・ゴイヤー / ボブ・ケイン
撮影ウォリー・フィスター
美術ネイサン・クローリー
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード / ハンス・ジマー
衣装リンディ・ヘミング
出演クリスチャン・ベール / マイケル・ケイン / リーアム・ニーソン / モーガン・フリーマン / ゲイリー・オールドマン / 渡辺謙 / ケイティ・ホームズ / キリアン・マーフィ / トム・ウィルキンソン / ルトガー・ハウアー / マーク・ブーン・ジュニア / コリン・マクファーレン / ラリー・ホールデン / ライナス・ローチ / サラ・スチュワート / ジェラルド・マーフィ / ガス・ルイス / エマ・ロックハート / レイド・セルベッジア / トム・ウー / ルーシー・ラッセル / ジョン・フー
あらすじゴッサム・シティの貴公子と呼ばれた青年ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は、導師デュカード(リーアム・ニーソン)の導きでヒマラヤの奥地へと向かっていた。ブルースは幼き日に、ゴッサム・シティを美しく保とうと尽力していた両親を殺され、復讐する力を求めていたのだ。ヒマラヤに待つ「影の軍団」の当主ラーズ(渡辺謙)は彼に厳しい修行を施すが、彼らとブルースの目的はあまりにもかけ離れており、袂を分かつ。すっかり腐敗したゴッサムに帰還したブルースは、自ら恐怖の存在となって悪を倒すことを決意する。彼が纏う影は漆黒のコウモリ。闇の番人、バットマンの誕生であった…。〔140分/カラー/シネスコ〕 (水那岐)[投票(1)]
Comments
全73 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5クリスチャン・ベールにアメコミ的ヒーローなんて似合わないぞ・・・なんて危惧を全部吹き飛ばしてくれました。あとは『リベリオン』的に「ガン=カタ」キメてくれたら、僕は泣くよ! [review] (プロキオン14)[投票(8)]
★5今度のバットマンには本当に抱かれたいと思った。ベールの肉体に、演技に、大舞台に悶絶死寸前!! [review] (ミュージカラー★梨音令嬢)[投票(4)]
★4オトナ子供でも、子供だましでもない監督が創りあげた『バットマン』としては、これは傑出した作品といえるだろう。ただし、これまでのバットマンに馴染んできた自分には、随分と頭の切り替えを要求される作品ではあった。 [review] (水那岐)[投票(13)]
★4オコチャマ向けではない、本格派大人向けバットマン。とにかく最初から最後まで見せ場が沢山で、しかも「絵柄がゴウジャス」!コレに尽きる。 [review] (ボイス母)[投票(8)]
★4なるほど。バートン版とは“闇”に対するアプローチが違うんですね。 [review] (甘崎庵)[投票(8)]
★4フラッシュ・バックの多用によって表現される、不安と恐怖の螺旋迷宮。これは紛れもなく、クリストファー・ノーランの映画。 [review] (煽尼采)[投票(5)]
★4前4作のコミック的な派手さを廃し、リアルなアクションとドラマに徹した演出が大正解!精悍なクリスチャン・ベールは当たり役だし、共演陣も信じられない豪華さ。エンターテイメントとしてはもちろん、俳優のアンサンブルも楽しめた。快作! (茅ヶ崎まゆ子)[投票(3)]
★4延々としたヒーロー誕生のお話が自分でも意外な程に楽しめました。音楽も結構効果的だったし。ただし格闘&剣術のシーンは目まぐるし過ぎるカット割りと編集で丸っきりダメ。俳優にトレーニングさせたのなら、その努力が報われるような見せ方はして欲しい。 (takamari)[投票(3)]
★4今回魅了されたのは、007並みの夢のような武器もバットモービルも、コスプレ悪役もおらず、まさにドラマとしてしっかりしているという部分。ムリヤリ作り上げた暗さではなく、リアルなゴッサム・シティの暗黒面が心を捉えた。アメコミ出身でもまったく別の新たなヒーローを見た思い。 [review] (tkcrows)[投票(2)]
★4この作品でやはりバットマンは孤独なヒーローでないと駄目だなということを再認識させられた。 [review] (わっこ)[投票(2)]
★3あのゴッサムシティーがまるでゴッサムシティーでなくなってしまったのがショックでショックで。 [review] (marina)[投票(10)]
★3理由の多いバットマン。 [review] (おーい粗茶)[投票(6)]
★3「奇」がなくなってしまったよ、「奇」が! [review] (づん)[投票(6)]
★3小難しい禅問答のような理屈を並べ立てた冒頭部で、作品の「格」づくりは了解しました。しかしその「格」とそれ以降のトンデモ展開とのギャップに苦笑するしかありません。「屁理屈コミック」なんて疲れるだけです。 (sawa:38)[投票(4)]
★3リソース偏在ヒーロー。 [review] (緑雨)[投票(3)]
★3アメコミヒーローに単なる「ヒーロー」以上のアイデンティティを与えた、という一事においてはサム・ライミ監督の『スパイダーマン』に軍配をあげたい。 [review] (kazya-f)[投票(3)]
★3恐怖だ、正義だ、復讐だと大仰に唱えられるわりに、嬉々として戯れる悪党どもはどれもこけおどしの小者ばかりで話しの底の浅さが露見する。透けて見えるのはSFXだのみの自己満足的から騒ぎ。見習うべきは、一心不乱に道具を自作する微笑ましきブルースの律儀ぶり。 (ぽんしゅう)[投票(2)]
★3終盤より序盤が面白いという稀なアクション映画。だが、ヒーローものの主人公描写のレベルとしては群を抜いて高い。アクションではなく、ドラマなのだ。(2008.08.05.) [review] (Keita)[投票(2)]
★3「何故バットマンが戦うのか?」その原点を描ききった。 「え〜、いいんだよ、悪人ぶっ飛ばしてれば」って人には不向きですが。 ただ、カメラワークやカット割の関係で格闘シーンがわかりにくいので−1点。 ガン=カタバットマンみたかっただけに。 (X68turbo)[投票(2)]
★2復讐ではなく正義。ケイティ・ホームズが劇中で語るこの言葉は、正義ではなく復讐を実行してしまった自国への警告と捉えてしまった。それにしても余裕のないリアリズム映画と化したこのバットマンはいただけない。強いコミック色に彩られた悪役キャラこそこのシリーズの魅力だったのだが。 (ジェリー)[投票(2)]
★2名作であるバットマン:イヤーワンに余計なエピソードと要素を付け足した結果、リアルな世界にバットマンや敵の忍者軍団の存在が浮いてみえる。いっそバットマンがガンカタしてしまうような映画にすればよかったんだ。 [review] (がちお)[投票(1)]
★1なんだコイツ。サイテーだな。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(6)]
Ratings
5点17人********.
4点80人****************************************
3点93人**********************************************.
2点16人********
1点6人***
212人平均 ★3.4(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
スーパーヒーロー烈伝 (アルシュ)[投票(3)]世界素敵オヤジ発見 (炭酸飲料)[投票(3)]
次から次へと...アメコミの映画化 (リア)[投票(2)]かっこいい悪役の出る映画 かっこ悪い悪役の出る映画 (がちお)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「バットマン ビギンズ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Batman Begins」[Google|Yahoo!]