コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

宇宙戦争 (2005/)

War of the Worlds

[SciFi/Drama/Action/Adventure/Thriller]
製作総指揮ポーラ・ワグナー
製作キャスリーン・ケネディ / コリン・ウィルソン
監督スティーヴン・スピルバーグ
脚本ジョシュ・フリードマン / デヴィッド・コープ
原作H・G・ウェルズ
撮影ヤヌス・カミンスキー
美術リック・カーター
音楽ジョン・ウィリアムズ
衣装ジョアンナ・ジョンストン
特撮デニス・ミューレン
出演トム・クルーズ / ジャスティン・チャットウィン / ダコタ・ファニング / ティム・ロビンス / ミランダ・オットー / ダニエル・フランゼーゼ / リサ・アン・ウォルター
あらすじ港湾労働者のレイ(トム・クルーズ)は週末を過ごすために、別れた妻(ミランダ・オットー)の子供たち(ダコタ・ファニングジャスティン・チャットウィン)を家に迎えた。間もなくして異常な嵐が街を襲い、様子を見に外へ出たレイは、信じ難い光景を目にする。稲妻が落ちた道路の亀裂から、巨大な物体が姿を現したのだ。それは地上のすべてのものを焼き払い、人類への総攻撃を開始したのだった・・・。 [more] (茅ヶ崎まゆ子)[投票]
Comments
全134 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5スピルバーグの「「撮りたい」を撮る」魂炸裂の快作。パニックドキュメント映像とB級SFの夢の一体感に興奮。不完全さもリピート鑑賞には好都合。 [review] (おーい粗茶)[投票(12)]
★5子どもの頃の夢、そのままだった。怪獣や円盤襲来という恐怖からは逃げる、逃げる、隠れる。夢の中でもそんな弱虫な男の子だった自分を思い出した。 [review] (Osuone.B.Gloss)[投票(8)]
★4鑑賞後、関西人の活躍に想いを馳せる。続編たる「浪花編」を是非見たいものだ。 [review] (sawa:38)[投票(30)]
★4視野を限定させることで確実に絶望へ追い込ませるスピルバーグ。それと最後に気が付いたことが一つ……。 [review] (荒馬大介)[投票(24)]
★4ところで冒頭の… [review] (甘崎庵)[投票(17)]
★4前半はパニックものの大傑作。 [review] (ドド)[投票(15)]
★4テロだと思って観に行ったのですが、実際は原題通りの「(世界)戦争」。上空からの無差別攻撃におびえて、逃げ惑い、舐めるような探索の目に耐えながら地下で震えているのは、あれは、裏を返せば現在のイラクの一般市民そのままの姿だ。 [review] (uyo)[投票(14)]
★4実はスピルバーグさん、あなたこそ宇宙人でしょう? [review] (アルシュ)[投票(14)]
★4「家族を守る」ということの正当性を問うているのか? [review] (パッチ)[投票(9)]
★3現代のアメリカ人に『シンドラーのリスト』を体感させるシミュレーション映画。監督が真にやりたいことはこういうことだったのか? [review] (ジョー・チップ)[投票(25)]
★3もはや“未知との遭遇”など信じられぬこのご時世、宇宙人という命題に対する問いはひたすら回避され、描写は逃げ惑う人間に偏向する。(レビューは原作に関するネタバレも含みます) [review] (kiona)[投票(23)]
★3スピルバーグの怪獣映画、アメリカ人の「疎開」。それは本多猪四郎が51年前に通った道。 [review] (ペンクロフ)[投票(15)]
★3画面(えづら)は巧いが、燃えるものがない。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(10)]
★3大量殺戮シーンは壮絶だが、トライポッドの映像に偏りすぎな感もある。パニックは直接見るよりも、読んだり聞いたりしたことに起因するほうが多いと思う。想像は膨らむ一方だから。/レビューは原作のネタバレありです。 [review] (スパルタのキツネ)[投票(10)]
★3本卦帰りか宗旨変えか。→ [review] (ジェリー)[投票(10)]
★3過去の、自作に対するオマージュに満ちあふれた映像の数々に驚く。今回スピルバーグのもってきた家族像に愕然とするも納得せざるを得ない。CG、ミニチュア、セットなどで創られた迫力ある映像は必見! [review] (トシ)[投票(7)]
★3日常に突如襲い来る非日常の切り込まれる手際の鮮やかさと倍加するカタストロフの怒涛の展開には確かにテロが対岸の火事で済まなくなった時代を表象して傑作。しかし、だからこそ、後半では原作の枷を外し同時代性を追求して欲しかった。怠慢だと思う。 (けにろん)[投票(6)]
★3後味の悪い程に「米国小市民」を演じるトムと、それをさせる監督。ある意味、『プライベート・ライアン』以上にリアル。ざらついた心理描写のリアルと、ぬるっとした惨状のカオス。ともかくあの宇宙船の声?は怖いです。『未知との〜』とは大違い。 [review] (chilidog)[投票(6)]
★2アメリカの人たちは、いつか自分たちもこういうひどい目に遭うんじゃないかと、真剣に心配しているんじゃないだろうか。 [review] (たいへい)[投票(2)]
★2テクニックで引っ張っている映画だと思うが、いつものスピちゃんの才気がトム・クルーズのミスキャストで台無しになってしまった。全編、大量破壊!大量殺戮!のオンパレードで嫌いじゃない。ただ、そこまでやっておきながら原作の枠を出ないのでは肩透かし。H・G・ウェルズの高度な思想を現代に通用させるのは困難だ。 (SODOM)[投票(1)]
★2迫力には文句なし!家族愛も結構よかった!ただ原作を知らないせいか内容がピンとこない。竜頭蛇尾とはこの映画のようだ。 (deenity)[投票]
★1無計画 [review] (hideaki)[投票]
Ratings
5点31人**********.
4点103人**********************************.
3点138人**********************************************
2点35人***********..
1点7人**.
314人平均 ★3.4(* = 3)

[この映画が好きな人]

POV
−海外SF小説の映画化作品− (kawa)[投票(18)]映画で俯瞰(ふかん)する世界史・人類史  (いくけん)[投票(16)]
読んでから見るか、見てから読むか。 (シーチキン)[投票(14)]−終末を描いたSF映画− (kawa)[投票(12)]
じんるい・ミーツ・エイリアン (アルシュ)[投票(11)]−地球侵略を描いたSF映画− (kawa)[投票(9)]
てめえらの血はなに色だーーーっ!! (DSCH)[投票(6)]ゲーム化された映画、映画化されたゲーム (TOMIMORI)[投票(5)]
私の徒然スピルバーグ論 (ペペロンチーノ)[投票(5)]パパ・ママ 家族映画 (IN4MATION)[投票(2)]
レツゴー!逃避パラダイス (ハシヤ)[投票(1)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「宇宙戦争」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「War of the Worlds」[Google|Yahoo!]