コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

リンダ リンダ リンダ (2005/)

Linda Linda Linda

[Drama]
製作根岸洋之 / 定井勇二
監督山下敦弘
脚本向井康介 / 宮下和雅子 / 山下敦弘
撮影池内義浩
美術松尾文子
音楽ジェイムズ・イハ
出演ペ・ドゥナ / 前田亜季 / 香椎由宇 / 関根史織 / 三村恭代 / 湯川潮音 / 山崎優子 / 甲本雅裕 / 松山ケンイチ / 小林且弥 / 小出恵介 / 三浦誠己 / りりィ / 藤井かほり / 近藤公園 / ピエール瀧 / 山本浩司 / 山本剛史
あらすじ軽音楽部に所属する3年生ードラムの響子(前田亜季)、キーボードの恵(香椎由宇)、ベースの望(関根史織)らのバンドは、メンバーの脱退等で文化祭3日前にして空中分解状態。苦肉の策として恵をギターにシフト、オリジナル曲を捨て<ザ・ブルーハーツ>のカヴァー曲での文化祭出演に切り替える。偶然通りかかった交換留学生ソン(ペ・ドゥナ)をヴォーカルに迎えた彼女たちの新しいバンドは、どんなメロディを奏でるのか。114分。 (chilidog)[投票]
Comments
全67 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5「結果」より「過程」、「形」より「時間」を愛おしむ、大変「若い」映画。 [review] (ペペロンチーノ)[投票(11)]
★5まっすぐ前を見て、大きな声で歌う。それがブルーハーツの心。 [review] (林田乃丞)[投票(8)]
★5ガール・ミーツ・ガール [review] (たかやまひろふみ)[投票(7)]
★5現実に学園祭で演るだけなら別にジッタリン・ジンでも何でもいいと思うのだが、映画としては絶対にブルーハーツでなければならなかったはずだ。今はとにかく山下敦弘に感謝。リアルタイムでブルーハーツを聴いていた僕たちの世代も納得の傑作。 [review] (ナム太郎)[投票(7)]
★4「ぼく」のなかで眠っていた若き日々が甦ってくる。 [review] (グラント・リー・バッファロー)[投票(17)]
★4一瞬、互いに分かり合えたような気がする。その時、自分自身が見えたような気がする。それは10代特有の錯覚で特権なのかも知れない。口あたり良いピュアな青春物語の形を借りながら山下敦弘らしいコミュニケーション不全に溢れたちょと意地の悪い映画。 [review] (ぽんしゅう)[投票(15)]
★4ブルーハーツは歌謡曲だ。その事実をあからさまに描いてしまったロックな作品。 [review] (パグのしっぽ)[投票(5)]
★4ペ・ドゥナ!一番ブスだと思った彼女が一番可愛く見える。これが演出というものだ。彼女が体育館で一人、メンバー紹介をするシーンの圧倒的な存在感。そしてラストの演奏前に4人が視線を交錯させる、この視線の演出は『ワイルド・バンチ』じゃないか。過度に抑制を効かせる演出に好悪はあっても、立派に映画の時間が定着している。 (ゑぎ)[投票(4)]
★4「意味なんてないよ」。さりとて「無為の日々」ではない。でも「青春」が共同幻想だということも知っていて、その暗黙の了解が最強に生きる「学園祭」という場で共闘を無理矢理成立させるヒネくれぶり。それでも即席高校生ガールズバンドのブルーハーツで突破されたいと思ったのは何より監督本人だろう。本当はこんな言説で凝り固まった頭を「うるせえよ!この能書ネクラ野郎!」とひっぱたいて欲しいんだと思う。 [review] (DSCH)[投票(3)]
★4被写体を突き放すのでもなく、見守るのでもなく、そのリアルな生態を覗いているようなロング・ショット。ライヴ本番までの苦闘を、正攻法の「汗と涙」で描くのではなく、少女たちが見せる疲労感で間接的に表現する、その距離感と低温さが山下監督的。 [review] (煽尼采)[投票(3)]
★4目に見える総ての事実に余計な意味づけをせず、見えるがままに判断させる秀逸な時の流れのタペストリー。山下敦弘には自分は馴染めないモノを感じていたのだが、それを覆さざるを得ない、彼の仕事の中でも最も判りやすい青春物語。ここには賞レースなどという夾雑物は存在せず、ただ数曲のナンバーが歌われるための少女たちのコミュニケートと歓喜と疲労だけの日々が横たわる。それは、きわめて自然な挿話群である。 (水那岐)[投票(3)]
★4114分で高校生活を追体験。スクリーンの向こう側へ入って体育館のステージ前で飛び跳ねたかった。[シネセゾン渋谷] [review] (Yasu)[投票(3)]
★4別にライブが見せ場ではない。特別な日を前にしたある意味平凡な日常、それこそが最大の見せ場。後半の変な展開がなければもっとよかったのに。劇中もブルーハーツを前面に出してなくてよかった。ただ、最後の終わり方はファンにはたまらない!! (はいろうず)[投票(2)]
★3時間が過ぎ去っていくということを現在形で感じるということ=青春。「そして誰もいなくなった」。 [review] (ハイタカ)[投票(3)]
★31970年代から80年代前半生まれの人にはビビっと来るんじゃないかな? ちょっと私は先に生まれすぎました。 [review] (甘崎庵)[投票(3)]
★3文化祭のライブでモッシュが起きるのでしょうか? [review] (Soul Driver)[投票(3)]
★3アメリカン・グラフィティ』ならぬ”ジャパニーズ・JK・グラフィティ”。未だ世間の荒波に晒されていない、女子高校生たちの生態(要はダラダラとした日常)が紛うことなくフィルムに焼き付けられている。 [review] (緑雨)[投票(2)]
★3スケッチを積み重ねていく描写にどうにもドラマを感じる事が出来ない。脚本は結構ドラマとうねりが設計されているのだが…。ぬぼーっとしつつも、押さえるところは押さえるペ・ドゥナの演技だけが光っていた。 (すやすや)[投票(1)]
★3全体的にぼんやりしている印象はあるが、それは「青春」というのはこんなもんだろう。と片付けてもいいが。 [review] (kajun)[投票(1)]
★2これはドキュメンタリーを狙っているのか?な?? それにしては監督の腕が悪すぎる。それとも編集の腕かな?何に焦点を合わせた物語なのか最後までワカラナカッタ。 [review] (ボイス母)[投票(4)]
★2何よりもシネスケでの高評価に驚いた。「抑制の効いた演出」と言えば聞こえは良いが、メリハリのない間延びした演出であり、『リアリズムの宿』で魅せた「絶妙の間」とは異質のものではなかろうか? (sawa:38)[投票(3)]
★1ブルーハーツが聴こえない。(06・8・08) [review] (山本美容室)[投票(4)]
Ratings
5点25人************.
4点63人*******************************.
3点42人*********************
2点14人*******
1点2人*
146人平均 ★3.7(* = 2)

[この映画が好きな人]

POV
その後のキネ旬ベスト10・最多ランクイン監督は誰だ! (ぽんしゅう)[投票(12)]シネマスケープ学園〜ぼくの先生 (chilidog)[投票(10)]
アジア的遊撃者 (ぽんしゅう)[投票(5)]ビバ!ミュージシャンシップ (Yasu)[投票(5)]
シネマスケープ学園高等科 部活紹介! (死ぬまでシネマ)[投票(2)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「リンダ リンダ リンダ」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「Linda Linda Linda」[Google|Yahoo!]