コメンテータ
ランキング
HELP
ジャン・リュック..
************
チャップリン
************
小津安二郎
************
ヒッチコック
************
ジャッキー・チェ..
************

虎の尾を踏む男達 (1945/)

The Men Who Tread On the Tiger's Tail

[Drama]
製作伊藤基彦
監督黒澤明
脚本黒澤明
撮影伊藤武夫
美術久保一雄
音楽服部正
出演大河内伝次郎 / 藤田進 / 榎本健一 / 森雅之 / 志村喬 / 河野秋武 / 小杉義男 / 横尾泥海男 / 仁科周芳 / 清川荘司
あらすじ頼朝との確執から逃れる義経は、山伏に身をやつして弁慶(大河内伝次郎)らと共に北へ落ちのびる。しかしそれには、冨樫(藤田進)が守る途中の関所を通らねばならない。途中で雇われた強力(榎本健一)も加わった一行は、とうとう関で冨樫と対面する。この作品は終戦をまたいで製作されたため、戦中は内務省の、戦後はGHQの検閲を受けたが、黒澤監督と検閲官との行き違いから一旦オクラ入りとなり、7年間も公開が差し止められていた。[58分/モノクロ/スタンダード] (Yasu)[投票]
Comments
全43 コメント>> 更新順 採点順 投票数順
★5エノケンがいい味出してる。黒澤映画でその後2度と出演することのない個性豊かな役者出ている唯一の作品。 [review] (chokobo)[投票(1)]
★4エノケンは矢っ張り凄いが大河内伝次郎の演技にも笑ってしまった。この二人が完全に浮いている。しかしこれがスターの演技だ。森雅之志村喬藤田進が抑制の効いた演技をすればする程この二人のスター性が際立ってくる。オールセットの時代劇。殆どパンニング一本やりで見せきっている。黒澤は大したもんだ。 (ゑぎ)[投票(10)]
★4勧進帳:「寺院を建てたり直したりするために必要なお金や材料を提供してください。」と、僧や山伏が人々から寄付を募るときに読みあげるもの。主に巻物の形態をとるらしい。<時代を考慮すると、巻物であるのは当然なのかも。 [review] (tredair)[投票(4)]
★4実験映画のような、エンタテイメント。ものすごい早いカットの編集が突然あるし、音楽の旋律も洋楽から雅楽っぽいものまで変化し、しかもコーラス!。そして書き割りと実写の混在は、後の鈴木清順作品のようだが・・・。でも、黒沢は、エンタテイメントの人なのがよく分かる。 (エピキュリアン)[投票(3)]
★4見えないものを、あたかも見えるが如く演技する。エノケンの素晴らしさが映えた作品でした。 [review] (甘崎庵)[投票(2)]
★4初期の黒澤監督作品、文句なくやっぱり面白い! そして大河内傳次郎、何を言ってるのかさっぱりわからないのに説得力がある。一体これはどういうことなのか。奇跡の演技としか言い様がない。 (Myrath)[投票(1)]
★4世に知られた義経弁慶主従の安宅関越え、勧進帳の一件の、伝統的な様式美をエノケン榎本健一 の軽妙さでうまく中和した入門編みたいな映画だが、大河内伝次郎藤田進が引き締めて魅せる。 [review] (シーチキン)[投票(1)]
★4それまでの経緯もそれからも必要としない映画。旅って本来そんなものかもしれない。悲劇の主人公と喜劇のエノケンを絡ませることで、ニュートラルな視線で描いている。 (スパルタのキツネ)[投票(1)]
★3歌舞伎十八番の出し物ながら、ともすれば沈みがちになる画面を、エノケンがコメディリリーフとなって明るく保つのに成功している。そして弁慶の酒豪ぶりもなにかほのぼの。 [review] (水那岐)[投票(5)]
★3勝手気ままな役者陣、三者三様というか支離滅裂な芝居にもスルーする黒澤監督 [review] (sawa:38)[投票(3)]
★3榎本健一のコント芝居と大河内伝次郎の大時代芝居。衝突するふたつの個性を黒澤明がしっかりと受け止め、その常連俳優達がにらみをきかせる。狭いセット撮影でもダイナミックな躍動が伝わってくる、まぎれもない黒澤映画。 (ぽんしゅう)[投票(3)]
★3俳優間の演技設計の不調和を積極的に楽しむ。大河内傳次郎の大芝居。榎本健一の独創的な身体芸。藤田進の三四郎スマイルも炸裂。にしても変な映画だなあ。ややもすると安宅の関以上に路上酒宴が重大に語られ、挙句ラストは夢落ちのような余韻を残す。林の撮影(草葉への照明の当て方)の点では『羅生門』の叩き台。 (3819695)[投票(2)]
★3黒澤明初期作品という事で、全盛期の頃の勢いや力強さはまだまだ弱いと感じましたが、奥ゆかしさを秘めているところがやっぱり黒澤作品だなーと思いました。 [review] (づん)[投票(2)]
★3引きの絵(構図)はどれも好きですが、榎本健一の表情を挿入した作劇は時にはクドく感じる。 踊るシーンなんか面白いけど、それに対する笑いの反応や、始まりのとこらへんの、 笑う画面もクドさを感じた。 (モノリス砥石)[投票(2)]
★3ヘラヘラしながら登場するエノケンの御陰で現代でも観れる映画になっている。 (マッツァ)[投票(1)]
★3後半台詞が聞き取れないのでまだ正確な判断は下せないが、前半のくだりだけ見ても、やっぱり上手すぎる。揺るがない弁慶らを釘に見立てて、強力というパチンコ玉が行ったり来たり。ピンボール・ムービーだ。 (kiona)[投票(1)]
★3とりあえず「エノケン」ありきで話を作っていったのかな? (ゆーこ and One thing)[投票(1)]
★3こういうイイ題名ってなかなかないね。作品は,筋が知れてるだけに如何に突っ込むかだけど,ド真ん中行けてる気がします。3.7点。 (死ぬまでシネマ)[投票(1)]
★3まいったなぁ・・・エノケンのセリフ以外は何を言ってるのかあんまりわかんなかった(笑)ごめんなさい勉強不足で。 [review] (TO−Y)[投票]
★3激動の時代という関所で、義をつくす男たちと、目を白黒させ翻弄されそれでも明るく前向きな男。「勧進帳」に強力という人物は必要ないのかもしれないが、この作品にあの時代に、強力ここにあり。 (chilidog)[投票]
★2これがエノケンか!!観られてよかった〜。それにしても大河内伝次郎、モゴモゴ何喋ってるんだかホントにわからん。だんだん腹立ってきた。歴史的価値はともかく現代における普通の鑑賞に堪えられる作品とは言えないと思うので、この点数とします。 (緑雨)[投票]
★2勧進帳も馴染みがないのだが、にしても付加された強力エノケンも半端で伝次郎藤田の立ち芝居を反転・撹乱するほどの役回りでもない。道化に対する黒澤の形骸的な理解は後の『』で露呈される。技巧の絢爛を差し込む余裕も無かったようだ。 (けにろん)[投票]
★1敗戦がなければクロサワってこんなのばっか撮り続けたんだろう。観客の感情を誘導し続ける榎本健一の顔アップ連発は最悪、映像的ファッショそのものだ。 [review] (寒山拾得)[投票(1)]
★0これが勧進帳? 勘違いしてはいけない。本作はエノケンファンのエノケンファンによるエノケンファンのための映画なのだから。 [review] (氷野晴郎)[投票]
Ratings
5点5人*****
4点31人*******************************
3点58人**********************************************************
2点7人*******
1点2人**
103人平均 ★3.3(* = 1)

[この映画が好きな人]

POV
こんな英題で出ています(黒澤篇) (AKINDO)[投票(27)]お手軽サイズ(100分以下)の作品集 (スパルタのキツネ)[投票(24)]
映画で見る石川県 (づん)[投票(7)]再考&最高 クロサワ映画 (chokobo)[投票(4)]
Links
IMDBで検索The Internet Movie Database
検索「虎の尾を踏む男達」[Google|Yahoo!(J)|goo]
検索「The Men Who Tread On the Tiger's Tail」[Google|Yahoo!]